script(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

script

前のページ 上に戻る 次のページ

script




解説

     script は、端末上に表示したすべてのもののログ (typescript) をとります。記
     録後に lpr(1) で印刷することもできるので、学生の宿題の証明等で対話的セッ
     ションのハードコピーが必要なときなどには有効です。

     file が指定されていればそのファイルに、指定されていなければ typescript と
     いうファイル名で記録されます。

     引数 command ... を指定すると、 script は対話シェルの代りに指定したコマン
     ドをオプションの引数ベクタ付きで実行します。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -a       file もしくは typescript がすでに存在している場合には、それに追
              加する形で記録していきます。

     -k       出力だけでなくプログラムに送られたキー入力も記録します。

     -q       静かなモードで実行します。開始時と終了時のステータスメッセージを
              省略します。

     -t time  スクリプト出力ファイルにフラッシュする間隔を指定します。値 0 を
              指定すると script は文字 I/O イベントごとにフラッシュします。デ
              フォルトのフラッシュ間隔は 30 秒です。

     script は、フォークしたシェル(またはコマンド)を終了したとき ( Bourne シェ
     ル (sh(1)) なら control-D で終了しますし、 C シェル csh(1) なら exit,
     logout, control-D ( ignoreeof が設定されていない場合) で終了します ) に記
     録を終わります。

     vi(1) などのある種の対話コマンドでは、ログファイルにゴミが入ることがあり
     ます。 script は、画面を操作しないようなコマンドについては、うまく動作し
     ます。出力結果はハードコピー端末のエミュレーションと言えるでしょう。


環境変数

     script は次の環境変数を使用します:

     SHELL  script がフォークするシェルを指定します。 SHELL が設定されていない
            場合は Bourne シェルが使われます。 (ほとんどのシェルはこの変数を自
            動的に設定します)


関連項目

     csh(1) ( history 機能に関連)


歴史

     script コマンドは 3.0BSD から登場しました。


バグ

     script は、ログファイルにラインフィードやバックスペースも含め、 B>なB>んB>でB>も
     記録します。このためユーザの期待したものと違うログになることもあります。


ABELNET VPSサービス