scp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

scp

前のページ 上に戻る 次のページ

scp


         密鍵ファイル] [-o オプション] [[ユーザ@]ホスト1:]ファイル1 [...] [[ユ
         ーザ@]ホスト2:]ファイル2


解説

     scp はネットワーク上のホスト間でファイルをコピーします。これはデータ転送
     に ssh(1) を使い、同じように認証をおこないます。また ssh(1) と同様のセ
     キュリティを提供します。 rcp(1) とは違って、 scp は認証に必要な場合、パス
     ワードまたはパスフレーズをたずねてきます。

     ホストとユーザの指定はあらゆるファイル名に含めることができます。これはそ
     のファイルがどのホストから、あるいはどのホストにコピーされるかを指定しま
     す。2つのリモートホスト間のコピーも許されています。

     オプションは次のとおりです:

     -c 暗号化アルゴリズム
             データ転送に使う暗号化アルゴリズムを選択します。このオプションは
             直接 ssh(1) に渡されます。

     -i 秘密鍵ファイル
             RSA 認証用の identity (秘密鍵) を読むファイルを選択します。このオ
             プションは直接 ssh(1) に渡されます。

     -p      コピー元ファイルの最終修正時刻、最終アクセス時刻、およびパーミッ
             ションを保つようにします。

     -r      ディレクトリ全体を再帰的にコピーします。

     -v      冗長表示モード。 scpssh(1) が進行中のデバッグメッセージを表示
             するようにします。これは接続や認証、設定の問題をデバッグするとき
             に助けとなります。

     -B      バッチ処理モード (パスワードやパスフレーズを尋ねないようにしま
             す)。

     -q      進行状況を表すメータを表示しないようにします。

     -C      圧縮の許可。 ssh(1)-C フラグを渡して圧縮を許可します。

     -P ポート
             リモートホストに接続するポート番号あるいはポート名を指定します。
             このオプションは大文字の `P' であることに注意してください。これは
             小文字の -p が時刻やパーミッションを保つオプションとして、 rcp(1)
             によってすでに使われているためです。

     -S プログラム
             暗号化された接続のために使う プログラムの名前を指定します。このプ
             ログラムは ssh(1) のオプションが使えるようになっていなくてはいけ
             ません。

     -o オプション
             ここで与えられたオプションは直接 ssh(1) に渡されます。

     当マニュアルページは氏のご好意により FreeBSD 日本語マニュアルに収録させて
     いただいています。翻訳についてのご意見、ご指摘がありましたら新山氏
     <euske@cl.cs.titech.ac.jp>、および FreeBSD jpman プロジェクト <man-
     jp@jp.FreeBSD.org> までお送りください。


関連項目

     rcp(1), ssh(1), ssh-add(1), ssh-agent(1), ssh-keygen(1), sshd(8)

FreeBSD 4.4                   September 25, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス