scon(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

scon

前のページ 上に戻る 次のページ

scon


          [-V] [-s lines]
     scon [-v] [-d device] -p entry,red,green,blue
     scon [-v] [-d device] -p default
     scon [-v] [-d device] -p list
     scon [-v] -t timeout
     scon [-v] -1 | -8


解説

     scon ユーティリティは pcvt vt220 ドライバの実行時動作の様々な側面を制御し
     ます。

     オプションは以下です:

     -a      pcvt が認識したビデオアダプタを文字列で返します。 MDA, HGC, CGA,
             EGA, VGA または UNKNOWN が返されます。

     -c      現在の (表示される) スクリーンをどのスクリーン番号に切り替えるか
             を指定します。

     -d      デバイスファイル名 (例えば /dev/ttyv2) を指定します。これに続いて
             コマンドラインから指定される処理は、これに適用されます。

     -f      暗黙的に 24 行を仮定するプログラムを VT220 にて実行すると、端末が
             実際には 25 行の時には正しくない振舞をすることが有ります。完全な
             VT220 の動作をサポートするために、 25 行純 VT モードや 28 行 HP
             モードにて実行中の pcvt に 24 行のみを選択させることが可能です。
             -f オプションには、文字列 `on' か `off' のパラメータが必要です。
             それぞれ仮想スクリーンのモードをオンまたはオフします。前記の 2 つ
             の垂直解像度ではない場合には、このモードは影響が有りません。

     -h      使用方法/ヘルプを表示します。

     -l      pcvt ドライバの出力に関する、実行時に変更可能なオプションと固定パ
             ラメータ (アダプタのタイプ、VGA アダプタの場合製作元、チップセッ
             ト、 132 カラムサポート等) の現在の構成を列挙します。

     -m      pcvt が認識したディスプレイモニタのタイプを文字列で返します。
             MONO, COLOR または UNKNOWN が返されます。

     -v      プログラムの操作における冗長表示を指定します。

     -V      指定された/現在のスクリーンを、 HP エスケープシーケンスを認識せず
             ファンクションキーラベルを表示しない、純 VT220 モードに切り替えま
             す。

     -H      指定された/現在のスクリーンを、HP/VT220 混成モードに切り替えま
             す。完全な VT220 エミュレーションに加え、 HP ファンクションキーラ
             ベルとラベルを処理するエスケープシーケンスをユーザは使用可能で
             す。

     -s      スクリーンの文字行数を指定します。 25, 28, 35, 40, 43, 50 を指定
             可能です。これら全てのスクリーンサイズを使うためには、要求される
             る場合は色名を持ちます。後続する空のテーブルスロット (RGB 値が全
             てゼロ) は省略されます。

             上記以外の場合、コンマで区切った 4 つの引数が期待されます。 1 番
             目が変更すべきパレットエントリの番号を指定します。これは     0 か
             ら 255 までの値か、 (大文字小文字を区別する) 色名です。後続する値
             は 0 から 63 までの値域である赤緑青の値であり、 VGA DAC が変換に
             使用します。読みやすさのために、引数の最初の区切りはコンマ ``,''
             でなくコロン ``:'' であっても良いですが、一般的なコマンド引数の決
             まりを破っていることに注意して下さい。不明確にならなければ、複数
             の -p オプションを指定可能です。

     -t      -t を指定するとスクリーンセーバを活性化します。動作は timeout に
             依存します: timeout が 0 の場合、スクリーンセーバはオフにされま
             す。そうでなければ、 timeout はスクリーンセーバを起動するまで待つ
             秒数として扱います。注: -t オプションは、スクリーンセーバサポート
             をドライバに組み込んだ時のみ有効です!

     -1      132 カラムモードを設定します (VGA アダプタでのみ有効です) 。

     -8      80 カラムモードを設定します。

     HP と VT のモードを切り替えると、切り替え時に 24 行強制モードがオンオフさ
     れます。 80 カラムと 132 カラムを切り替えると、スクリーンが消去され、スク
     ロール範囲がリセットされ、カーソルがホームポジションに移動します。


使用例

     コマンド ``scon -H -s 28'' は現在のスクリーンを HP モードにし、スクリーン
     サイズを 28x80 にします。

     ``scon -p lightgray,0,15,0 -p 0:45,45,45'' を起動すると、通常のテキストが
     灰色背景の緑色になります。通常のテキストは、白だと思うかも知れませんが、
     灰色です。


バグ

     -c-d のオプションはなぜか衝突します。将来のリリースで変更されるでしょ
     う。


関連項目

     cursor(1), loadfont(1), pcvt(4)

FreeBSD                        December 31, 1993                       FreeBSD

ABELNET VPSサービス