rup(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rup

前のページ 上に戻る 次のページ

rup




解説

     rup は、特定の host 、もしくはローカルネットワーク上のすべてのマシンにつ
     いて、現在のシステム状態を表示します。コマンド出力には、現在時刻、システ
     ムが立ち上がってからの経過時間、そしてロードアベレージが表示されます。ロ
     ードアベレージは、実行キューにつながれているジョブの数を、過去 1 分、5
     分、15 分間にわたって平均化したものです。

     本コマンドを使用する場合、対象ホスト上で rpc.rstatd(8) デーモンが起動して
     いる必要があります。 rup/usr/include/rpcsvc/rstat.x に定義されている
     RPC プロトコルを使用します。


使用例

     example% rup otherhost
     otherhost   7:36am  up 6 days, 16:45,  load average: 0.20, 0.23, 0.18
     example%


診断

     rup: RPC: Program not registered  rup の対象となるリモートホスト上で
     rpc.rstatd(8) が動作していません。

     rup: RPC: Timed out  通信エラーが発生しました。ネットワークが極端に混雑し
     ているか、 rpc.rstatd(8) がリモートホスト上で異常終了しました。

     rup: RPC: Port mapper failure - RPC: Timed out  リモートホスト上で
     portmapper ( portmap(8) 参照) が動作しておらず、 RPC ベースのサービスが受
     けられません。ホストがダウンしている可能性があります。


関連項目

     portmap(8), rpc.rstatd(8)


歴史

     rup コマンドは SunOS から登場しました。


バグ

     ソート用のオプションは実装されていません。

FreeBSD 4.4                      June 7, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス