rsh(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rsh

前のページ 上に戻る 次のページ

rsh




解説

     rshhost で指定したホスト上で、 command で指定したコマンドを実行しま
     す。

     rsh は、標準入力をリモートコマンドに対してコピーします。また、リモートコ
     マンドの標準出力を、 rsh の標準出力に、リモートコマンドの標準エラー出力
     を、 rsh の標準エラー出力にコピーします。 SIGINT, SIGQUIT, SIGTERM の各シ
     グナルに関しては、リモートコマンドに対して通知されます。 rsh は、リモート
     コマンドが正常終了した場合には正常終了します。本コマンドは、以下のオプ
     ションが使用可能です。

     -4    IPv4 アドレスのみを使用します。

     -6    IPv6 アドレスのみを使用します。

     -K    Keroberos による全てのユーザ認証を行いません。

     -d    rshsetsockopt(2) を用いて、リモートホストとの通信に用いられる
           TCP ソケットのデバッグを有効にします。

     -k realm
           rsh はリモートホストに対して krb_realmofhost(3) によって定義される
           リモートホストの realm の代わりに、指定した realm を使用して、リモ
           ートホストに対してのアクセス許可を得ます。

     -l username
           リモートの username を指定可能です。デフォルトでは、ローカルユーザ
           名とリモートホスト上のユーザ名は同じです。ユーザ認証には rlogin(1)
           と同様の仕組みにより Kerberos によるユーザ認証機構が使われます。

     -n    rsh の入力を、特殊デバイス /dev/null にします( バグの項を参照してく
           ださい)。

     -x    すべてのデータ交換に DES による暗号化を有効にします。これを用いると
           レスポンスが著しく悪くなるかも知れません。

     -t timeout
           -t オプションは、(秒で表現される) timeout を指定します。この時間の
           間、データが送られも受け取りもされない場合、 rsh は終了します。

     command が指定されない場合には、ユーザは rlogin(1) を用いてリモートホスト
     にログインします。

     クォートされていないシェルのメタキャラクタについては、ローカルマシン上で
     解釈され、クォートされているメタキャラクタはリモートホスト上で解釈されま
     す。例えば、

           rsh otherhost cat remotefile >> localfile

     については、リモートマシン上のファイル remotefile を、ローカルマシン上の
     ファイル localfile に追加します。一方


歴史

     rsh コマンドは 4.2BSD から登場しました。


バグ

     csh(1) を用いて rsh を標準入力からのリダイレクトなしにバックグラウンドで
     実行する場合、たとえリモートコマンドの入力がなくても(必ず)ブロックされる
     でしょう。リダイレクトで rsh に入力を渡す必要がなければ、 -n オプションを
     用いてリモートコマンドの入力元を /dev/null に切り替えてください。

     rsh を用いて、 rogue(6)vi(1) のような会話的コマンドを実行することはで
     きません。代わりに rlogin(1) を使用してください。

     SIGSTOP は、ローカルマシンの rsh プロセスを停止させるだけです。これはおそ
     らく良くない動作です.  しかし、これを直すことは、現時点では困難です。ここ
     でその理由を説明するにはあまりに複雑なので、理由については割愛します。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス