rm(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rm

前のページ 上に戻る 次のページ

rm


     unlink file


解説

     rm は、コマンドラインから指定された非ディレクトリタイプのファイルを削除し
     ます。指定されたファイルに書き込みパーミッションがなく、標準入力がターミ
     ナルだった場合、削除を実行してよいかどうかの確認を (標準エラー出力を使っ
     て) 求めます。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -d          ディレクトリも、他のタイプのファイルと同様に削除します。本オ
                 プションなしに file としてディレクトリを指定した場合、エラー
                 になります。

     -f          ファイルのパーミッションに関わらす、確認せずにファイルの削除
                 を行います。ファイルが存在しない場合にもエラーメッセージは表
                 示せず、終了ステータスもエラーを返しません。 -f オプション以
                 前に書かれた -i オプションを無視します。

     -i          ファイルのパーミッションや標準入力がターミナルであるかどうか
                 に関わらず、指定された各ファイルを削除する前に、確認を求める
                 ようになります。 -i オプション以前に書かれた -f オプションを
                 無視します。

     -P          ファイルを削除する前に上書きします。まず 0xff のバイトパター
                 ンで、次に 0x00 で、そして最後にもう一度 0xff で上書きし、削
                 除します。

     -R          引数 file として指定したディレクトリを再帰的に削除します。 -R
                 オプションは、暗黙のうちに -d オプションが指定されたものとし
                 ます。 -i オプションが指定されているときには、最初にディレク
                 トリを削除する/しないの確認が求められ、さらに奥のディレクトリ
                 についても各ディレクトリの中身の削除に移る前に確認が求められ
                 ます。確認に対して削除すると答えなかった場合には、それ以下の
                 ディレクトリはスキップされます。

     -r          -R と同じです。

     -v          ファイルを削除するときに冗長になり、削除する時ファイルを表示
                 します。

     -W          削除したファイルを回復しようとします。現在このオプションは、
                 ホワイトアウトされたファイルを回復するためにのみ使用可能で
                 す。

     rm は、シンボリックリンクを削除するときリンクは削除しますが、リンクが参照
     しているファイルは削除しません。

     ファイル ``.'' と ``..'' を削除しようとするとエラーになります。

     本ユーティリティが unlink として呼ばれた場合、非ディレクトリの単一引数の
     みが指定可能です。この単純モード動作では、オプションは指定不可であり、渡


関連項目

     rmdir(1), undelete(2), unlink(2), fts(3), getopt(3), symlink(7)


バグ

     -P オプションではファイルシステムが固定ブロック長であると仮定されます。
     UFS は固定長ファイルシステムですが、LFS はそうではありません。さらに、通
     常ファイルは上書きされますが、それ以外の種類のファイルは上書きされませ
     ん。


互換性

     rm は、 -f オプションが存在しないファイルに対するエラーのみをマスクする点
     が伝統的実装と異なります。 -v は標準ではありませんし、スクリプト中での使
     用はお勧めしません。

     また、伝統的 BSD 実装では標準エラー出力ではなく標準出力に確認が出力されて
     いました。


規格

     rm コマンドは、ほぼ IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 互換です。指定された
     file がディレクトリの場合には rmrmdir(1) のように動作することを、
     POSIX では求めていることが例外です。このような動作が必要な場合には、本実
     装では -d オプションが必要です。これは、ディレクトリに関する rm の歴史的
     な動作に従っています。

     単純化された unlink は Version 2 of the Single UNIX Specification
     (``SUSv2'') 準拠です。


歴史

     rm コマンドは Version 1 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                    January 28, 1999                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス