repl(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

repl

前のページ 上に戻る 次のページ

repl



SYNOPSIS

       repl    [+folder]    [msg]    [-annotate]    [-noannotate]
            [-cc all/to/cc/me]               [-nocc all/to/cc/me]
            [-draftfolder +folder]            [-draftmessage msg]
            [-nodraftfolder]      [-editor editor]      [-noedit]
            [-fcc +folder]  [-filter filterfile] [-form formfile]
            [-inplace] [-noinplace]  [-mime]  [-nomime]  [-query]
            [-noquery]   [-width columns]  [-whatnowproc program]
            [-nowhatnowproc] [-help]


DESCRIPTION

       repl は既存のメッセージに対する返事を作成する手助けをし ま
       す。 repl は返信のドラフトを作成する際に、返信テンプレート
       を使用します。最も簡単な形式の場合(引数がない場合)は、カレ
       ント・フォルダのカレントメッセージに返信する場合で、メッセ
       ージ形式の雛型を使い、 whatnow (1) を呼び出します。デ フォ
       ルトの返信テンプレートを使うと、次のようなドラフトが作られ
       ます。

          To: <Reply-To> または <From>
          cc: <cc>、<To>、そしてあなた自身
          Subject: Re: <Subject>
          In-reply-to: Your message of <Date>.
                       <Message-Id>

     ここで、角括弧 (< >) で囲われたヘッダー名は、返信される メッ
     セージの指定のヘッダー行の内容を意味します。返信テンプレート
     は単なるフォーマット・ファイルです。詳細は mh-format (5)  を
     参照して下さい。

     `-cc type' オプションは返信の "cc:" 行に誰を置くかを指定する
     引数を取ります。 `-query' オプションは `-cc type' の動作を対
     話的に聞くもので、 "To:" や "cc:" に置かれるアドレスそれぞれ
     に対して、実際にそのアドレスに送るべきかどうかを聞いてきます
     ( これは特別な目的の返信の場合に便利です)。 `-cc' と `-nocc'
     オプションは、肯定と否定の形式を取る他の全てのオプショ ン 同
     様、指定する位置が重要です。

     "To:"、"cc:"、そして "Bcc:" で始まる行は標準化され、重複する
     アドレスは削除されます。加えて、`-width columns' オプショ ン
     は repl にこれらの行の整形を案内します。

     も し ユ ーザーの MH ディレクトリに "replcomps" という名前の
     ファイルがある場合、デフォルトのフォームに代わってそれが使わ
     れ ます。いずれの場合も、`-form formfile' が指定された場合は
     そのファイルが使われます。

     もし、ドラフトが既に存在する場合、 repl はそのドラフトをどう
     するのかを聞いて来ます。 quit と答えると、ドラフトをそのまま
     残して、repl を終了します。 replace は存在するドラフトを空の
     雛型で置き換えます。 list はドラフトを表示します。

     タ(再整形)にかけられます。 repl は返信されるメッセージを整形
     する際に mhl を呼び出すので、 repl に対するフィルタ・ファ イ
     ル は mhl の標準フォーマットであるべきです。デフォルトのメッ
     セージ・フィルタはありません(`-filter' がファイル名と共に 指
     定 されなければなりません)。共通に使用されるフィルターは次の
     通りです。

          :
          body:nocomponent,compwidth=9,offset=9

     これは、一行空行を出力した後、返信されるメッセージのボディを
     タブ一つ分字下げして取り込むというものです。 USENET で人気の
     ある別のフォーマットは次の通りです。


          message-id:nocomponent,nonewline,\
          formatfield="In message %{text}, "
          from:nocomponent,formatfield="%(friendly{text}) writes:"
          body:component=">",overflowtext=">",overflowoffset=0

     これは返信されるメッセージの Message-ID と作者を引用して、ボ
     ディ の そ れぞれの行の頭に ">" を付けて取り込むというもので
     す。

     メッセージの包含に MIME ルールを使う場合には、 `-mime' オ プ
     ショ ンを使います。これにより replmhn 処理を行なうための
     ファイルを作ります。このファイルは送り出す前に mhn で処理 す
     る必要があります。

     MH   では .mh_profile に以下の行を追加しない限り、自動的には
     mhn は呼び出さない事に注意して下さい。

          automhnproc: mhn

     これをしない時は、ドラフトを送る前に明示的に以下のコマンドを
     使わなければなりません。

          What now? edit mhn


     もしこの仕様を使いたくない場合は、 forw (1) に、これを自動化
     する別のアイデアが書かれています。

     もし、`-annotate' オプションが指定されると、返信されるメッセ
     ージには次に示すような注釈が付けられます。

          Replied: 日付
          Replied: アドレス

     アドレスリストは、各受取人に対して一行ずつとなります。この注
     釈は、メッセージが repl から直接送られた時にだけ付けら れ ま
     す。 も し、 メッ セージが repl からすぐには送られずに、後に

     繰り返しを防ぐために、 replsubject コンポーネントで は、
     文字列の最初にある `Re: ' を取り除きます。

     `-draftfolder +folder'   と `-draftmessage msg' オプションは
     MH のドラフト・フォルダ機能を呼び出します。これは進んだ(そし
     て極めて有用な)仕様です。詳しくは MHAdvanced Features 部
     分などを参照して下さい。

     エディタを終了する際、replwhatnow プログラムを呼び出しま
     す。 使えるオプションに関しては whatnow (1) を見て下さい。こ
     のプログラムを呼び出す事は `-nowhatnowproc' オプションで抑制
     出 来 ま す  (本当を言うと、最初の編集を開始するプログラムが
     whatnow です。従って、`-nowhatnowproc' は全ての編集を抑制 し
     ます)。


FILES

       /usr/local/lib/mh/replcomps         返信テンプレート
       あるいは <mh-dir>/replcomps         が標準テンプレートに代わる
       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル
       <mh-dir>/draft                      デフォルトのドラフト・ファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Alternate-Mailboxes: ユーザーのメールボックスを決める
       Current-Folder:      デフォルトのカレント・フォルダを示す
       Draft-Folder:        デフォルトのドラフト・フォルダを示す
       Editor:              デフォルトのエディタを置き換える
       Msg-Protect:         新しいメッセージ(ドラフト)を作る際に
                            セットされるモード
       fileproc:            メッセージを refile するプログラム
       mhlproc:             返信されるメッセージにフィルターをかけるプログラム
       whatnowproc:         "What now?" と聞いてくるプログラム


SEE ALSO

       comp(1),  dist(1),  forw(1),  send(1), whatnow(1), mh-for-
       mat(5)


DEFAULTS

       `+folder'            デフォルトはカレント・フォルダ
       `msg'                デフォルトは cur
       `-nocc all'          オプション ATHENA を指定して構築したサイト
                            さもなくば、`-cc all'
       `-noannotate'
       `-nodraftfolder'
       `-noinplace'
       `-nomime'
       `-noquery'
       `-width 72'


CONTEXT

       もしフォルダが指定されれば、それがカレント・フォルダになり
       いなら、アドレスのホスト部分を指定しなさい。

       `-width  columns' オプションはアドレスを折り曲げる時にだけ
       使われます。他のヘッダーは行を折り返すことはしません。

       もし whatnowprocwhatnow の場合、 replwhatnow プ ロ
       グ ラムを実際に走らせずに、内蔵の whatnow ルーチンを使いま
       す。従って、もし自分で独自の whatnowproc を設定す る 場 合
       に、 そ れに whatnow という名前をつけてはなりません。 repl
       はそれを起動しないからです。

       もしカレント・ディレクトリが書き込み禁止の場合、リン ク 名
       "@" は使用出来ません。



[mh.6]                        MH.6.8                      REPL(1)

ABELNET VPSサービス