refile(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

refile

前のページ 上に戻る 次のページ

refile



SYNOPSIS

       refile   [msgs]  [-draft]  [-link]  [-nolink]  [-preserve]
            [-nopreserve] [-src +folder]  [-file file]  [-rmmproc
            program] [-normmproc] +folder ...  [-help]


DESCRIPTION

       refile  は、メッセージを元のフォルダから一つまたはそれ以上
       のフォルダに移動したり(mv (1))、リンクしたり(ln (1)) し ま
       す。もし、メッセージを紙の書類と考えるなら、この操作はその
       紙の書類(またはそのコピー)をファイルに綴じる事に似てなくも
       ないです。メッセージが整理される際、可能ならばそれは移動先
       フォルダへとリンクされ、さもなくば、コピーされます。移動先
       フォルダが同じファイルシステム上にある限り、複数のフォルダ
       へ整理してもディスク容量はほとんど変わりません。この仕様は
       複 数 に分類されるメッセージを扱うのに都合がいいです。例え
       ば、Jones から ARPA Map 計画に関するメッセージが届い た 場
       合、コマンド

            refile cur +jones +Map

       によって、そのメッセージは `jones' と `Map' のどちらのフォ
       ルダ内にもあるように出来ます。

       `-file file' オプションによって、フォルダ内のメッセージ で
       はなく、指定のファイルを整理する事が出来ます。そのファイル
       は他の全ての MH メッセージ同様に、正しい形式のメッセージで
       あるべきです。メールドロップ形式であるべきではありません (
       メールドロップ形式のファイルをフォルダ内の MH メッセージの
       形式に変換する方法は inc (1) を参照して下さい)。

       `-src +folder'  が指定されると、カレント・フォルダのメッセ
       ージの代わりに、その指定のフォルダのメッセージを整理 し ま
       す。つまり、移動元のフォルダを指定出来ます。

       もし移動先のフォルダが存在しない場合、 refile はそれを作る
       かどうかを聞いてきます。否定の答をすると、処理を終了 し ま
       す。 も し、refile  に対する標準入力が端末でなかった場合、
       refile は何も聞かずに、ユーザーが全ての質問に "yes" と答え
       たかのように振舞います。

       オ プション `-link' はメッセージを元のフォルダにも残すよう
       にします (すなわちB>Amv(1) ではなく ln(1) が行なわれます)。
       これに対して、`-nolink' は元フォルダのメッセージは消されま
       す。通常は、メッセージが移動される時、それぞれの移動先フォ
       ルダに於いて、そのフォルダ内の最も大きな番号のメッセージの
       次の番号が割り当てられます。 `-preserve' オプションを使 う
       と、このメッセージ番号変更を阻止出来ます。しかし、ファイル
       名が重なってしまうかもしれないので、このオプションの使用は
       注意が必要です。

       も し  `-link'  オプションが指定されなかった場合 (あるいは
       `-nolink' が指定された場合)、移動したメッセージは元フォ ル
       コ マ ンドラインで `-rmmproc program' と指定しても構いませ
       ん。 `-normmproc' オプションは、そのメッセージファイルを上
       述のようにリネームする事で削除するようにします。

       `-draft'  オプションは、 refile に <mh-dir>/draft を整理す
       る事を指示します。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Current-Folder:      デフォルトのカレント・フォルダを示す
       Folder-Protect:      新しいフォルダを作る際にセットされるモード
       rmmproc:             メッセージを削除するプログラム


SEE ALSO

       folder(1)


DEFAULTS

       `-src +folder'       デフォルトはカレント・フォルダ
       `msgs'               デフォルトは cur
       `-nolink'
       `-nopreserve'


CONTEXT

       もし `-src +folder' が与えられると、それがカレント・フォル
       ダ に なります。もし `-link' も `all' も指定されていなけれ
       ば、最後に指定されたメッセージが元フォルダ内のカレ ン ト・
       メッセージとなります。さもなくば、カレント・メッセージは変
       更されません。

       もしプロファイルに Previous-Sequence エントリが指定され て
       いると、元フォルダで指定の名前のシーケンスを定義する事に加
       えて、 refile は移動先フォルダでもそれらのシーケンスを定義
       し ます。 Previous-Sequence に関する情報は mh-sequence (5)
       を参照して下さい。


BUGS

       refile はメッセージを消す際に rmmproc を使うので、 rmmproc
       内で `-normmproc' オプション無しで refile を呼び出してはな
       りません。でないと、無限ループに陥る事でしょう。



[mh.6]                        MH.6.8                    REFILE(1)

ABELNET VPSサービス