rcvstore(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rcvstore

前のページ 上に戻る 次のページ

rcvstore



SYNOPSIS

       /usr/local/lib/mh/rcvstore [+folder] [-create] [-nocreate]
            [-sequence name ...]  [-public]  [-nopublic]  [-zero]
            [-nozero] [-help]


DESCRIPTION

       rcvstore  は標準入力から MH フォルダーにメッセージを取り込
       みます。もし `+folder' が指定されていない場合は、ユーザ の
       プロファイルの中で "Inbox:" エントリで指定されているフォル
       ダか、それがなければ、"inbox" という名前のフォルダが使われ
       ます。新しく取り込まれたメッセージは、そのフォルダ内で最も
       大きな番号の次の番号から始まる番号が割り当てられま す。 も
       し、指定の(あるいはデフォルトの)フォルダが存在しない場合、
       `-create' オプションが与えられていれば作成され、そうでない
       場合は、rcvstore は終了します。

       もしユーザのプロファイルに "Msg-Protect: nnn" というエント
       リが含まれる場合、それが新しく作られるメッセージのファイル
       モ ー ド として使われます。なければ、MH のデフォルトである
       0644 かそのサイト固有の値(MSGPROT オプションの値)が使わ れ
       ます。メッセージに関するあらゆる処理を行なっても、それぞれ
       のメッセージ毎に、この最初に付けられたファイルモードは保存
       さ れ ます。個々のメッセージのファイルモードを変更するため
       にB>Achmod(1) が使われるかもしれませんが、その変更後のモ ー
       ド も保存されます (勝手に Msg-Protect の値に変わったりはし
       ません)。

       rcvstore は、大きさ 0 のメッセージ以外はすべて、ユーザーの
       MH フォルダーへ取り込みます。

       も しプロファイルに "Unseen-Sequence" エントリが存在し、そ
       れが空でない場合、 rcvstore は、新しく取り込まれたメッセー
       ジをそれぞれ、そのプロファイル・エントリで示される名前のシ
       ーケンスに追加します。これは `msgs' や `msg' という引数 を
       取 る 全ての MH コマンドがサポートする "Previous-Sequence"
       エントリに似ています。 rcvstore は、シーケンスにメッセージ
       を追加する前に、シーケンスを空にしたりはしないので、注意し
       て下さい。

       さらに、 `-sequence' オプションの適切な使用により、ユー ザ
       ー定義シーケンスに、送られてきたメッセージをそれらが届いた
       ものとして付け加えられます。 pick のように、  `-zero'   と
       `-nozero' オプションは、古いシーケンスをゼロにする、ゼロに
       しない、の指定に用いることが出来ます。同様 に、  `-public'
       と  `-nopublic' オプションは、パブリック・シーケンスとプラ
       イベート・シーケンスを追加させるのに用いられます。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める


CONTEXT

       シーケンスの操作を除いて、コンテクストの変更は試みられませ
       ん。


BUGS

       も しプロファイルに "Unseen-Sequence" エントリが存在した場
       合、他の MH プロセスもコンテクストを更新しようとしているの
       に、 rcvstore もコンテクストを更新しようとします。これは、
       コンテクストを信頼できないものにしてしまう可能性があ り ま
       す。回避するには、"Unseen-Sequence" プロファイル・エントリ
       を使う時は、rcvstore を使わないことです。



[mh.6]                        MH.6.8                  RCVSTORE(1)

ABELNET VPSサービス