rcsmerge(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rcsmerge

前のページ 上に戻る 次のページ

rcsmerge



書式

       rcsmerge [options] file


解説

       rcsmerge  は RCS の 2 つのリビジョン間の変更点を対応するワ
       ークファイルに適用します。

       RCS 拡張子にマッチするパス名は RCS ファイルである と み な
       し、その他はワークファイルであるとみなします。名前の対応に
       ついては ci(1) を参照してください。

       後述するオプション(通常は -r )によって、少なくとも1つの リ
       ビ ジョンを指定する必要があります。最大で 2 つのリビジョン
       を指定することができます。 1 つのリビジョンのみが指定さ れ
       た場合、もう1つのリビジョンとして、デフォルト枝(通常は幹で
       最大の番号を持つ枝) の最新リビジョンが用いられます。 リ ビ
       ジョンは、数字またはシンボルで指定できます。

       もし重複が発生すると、 rcsmerge は警告メッセージを表示し、
       重複した領域を merge(1) で説明されているような形式で出力し
       ます。本コマンドはチェックアウトしたリビジョンに一連の変更
       を加えるのに便利です。


オプション

       -A     もしサポートされていれば、 diff3(1)-A スタイ ル
              で 矛盾点を出力します。 file2 から file3 への変更点
              全てを file1 に適用し、大変詳細な情報を出力します。

       -E, -e  これらは、 -A よりも情報量が少ない形式で矛盾点を出
              力するスタイルを指定するものです。詳細 は  diff3(1)
              を 参照して下さい。デフォルトは -E です。 -e を指定
              すると、 rcsmerge は矛盾点の警告を行ないません。

       -ksubst
              キーワード置換において、 subst で指定された形式を用
              い ま す。詳細は co(1) を参照してください。例えば、
              -kk -r1.1 -r1.21.1 から 1.2 への変更を併合す る
              際 に、キーワードの違いを無視します。バイナリファイ
              ルをテキストであるかのようにリビジョン併合するこ と
              は、 普 通、 意味を持ちません。ですから rcsmerge-kb が指定されているとファイルのリビジョン併合を 行
              ないません。

       -p[rev]
              結 果をワークファイルに上書きせずに、標準出力に書き
              出します。

       -q[rev]
              静かに動作します。診断メッセージは表示されません。

       -r[rev]
              リビジョン rev に関して併合を行います。 rev を指 定

       -zzone  キーワード置換時のタイムゾーンを zone とします。詳
              しくは co(1) を参照してください。


使用例

       すでにリリースしたリビジョン 2.8 の f.c というファイルがあ
       る と します。ここで、まだリリースしていないリビジョン 3.4
       が完成したときに、他人から 2.8 を改良したものを受けとっ た
       とします。この改良と、あなたが 2.8 から 3.4 の間に行った変
       更を併合するには次のようにします。

           rcsmerge  -p  -r2.8  -r3.4  f.c  >f.merged.c

       ここで、併合された f.merged.c を検査します。もし、2.8 に対
       す る更新部分を RCS ファイル中に保存しておきたいと考えるな
       ら、それを 2.8.1.1 というリビジョンでチェックインし、そ の
       後で co -j を実行します。

           ci  -r2.8.1.1  f.c
           co  -r3.4  -j2.8:2.8.1.1  f.c

       別の例として、以下のコマンドはリビジョン 2.4 から 2.8 への
       変更をすでにチェックアウトいるワークファイル f.c から取 り
       消します。

           rcsmerge  -r2.8  -r2.4  f.c

       指定するリビジョン番号の順番に注意してください。また、 f.c
       が上書きされることにも注意してください。


環境変数

       RCSINIT
              コマンドライン引数に先立って指定すべきオプション を
              空白で区切って指定します。詳しくは ci(1) を参照して
              ください。


診断

       併合によって重複が生じなければ終了ステータス 0 を、重複 が
       あれば 1 を、問題が発生した場合は 2 を返します。


作者

       Author: Walter F. Tichy.
       Manual Page Revision: 1.5; Release Date: 1999/08/27.
       Copyright (C) 1982, 1988, 1989 Walter F. Tichy.
       Copyright  (C)  1990,  1991,  1992,  1993, 1994, 1995 Paul
       Eggert.


関連項目

       ci(1),  co(1),  ident(1),  merge(1),  rcs(1),  rcsdiff(1),
       rcsintro(1), rlog(1), rcsfile(5)
       Walter  F.  Tichy,  RCS--A  System  for  Version  Control,
       Software--Practice  &  Experience  15,  7   (July   1985),

ABELNET VPSサービス