rcsfreeze(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rcsfreeze

前のページ 上に戻る 次のページ

rcsfreeze



書式

       rcsfreeze [name]


解説

       rcsfreeze は、RCS ファイルの有効な組み合わせにシンボリック
       なリビジョン番号を割り当てます。

       rcsfreeze は、ソフトウェアの新しい版が登録されるたびに実行
       さ れ る よ うな使われ方を想定しています。一意のシンボル名
       (C_number, numberrcsfreeze が実行される毎に増加しま す
       )  が各 RCS ファイルの主幹の最新のリビジョンに対して与えら
       れます。

       引数によって与えるシンボル名を指定できます。指定された場合
       も、  rcsfreeze は一意のシンボル名を生成し、ログファイル中
       に記録します。しかし、実際の RCS ファイルには記録されま せ
       ん。

       rcsfreeze は、将来に参照するためのログを入力するように要求
       します。

       本シェルスクリプトは全ての RCS ファイルに一括して作用し ま
       す。 新しい版を構成するファイルは、あらかじめ RCS ファイル
       に登録されている必要があります。まず、 rcsclean(1) を実 行
       して、登録されずに残っているファイルがカレントディレクトリ
       に残っていないかどうかを確認してください。


関連ファイル

       RCS/.rcsfreeze.ver
              バージョン番号

       RCS/.rcsfreeze.log
              ログ。最新のものが先頭になる。


作者

       Stephan v. Bechtolsheim


関連項目

       co(1), rcs(1), rcsclean(1), rlog(1)


バグ

       rcsfreeze は、変更されているのに登録されていないワークファ
       イルがあるかどうかを検査しません。

       RCS ファイル名とワークファイル名の両方をコマンドラインに指
       定することが可能ですが、通常の RCS コマンドのよ う に  RCS
       ファイルとワークファイルの組を指定するものではありません。

       エラー検査が不十分です。

       rcsfreeze は、単なるシェルスクリプトの例であり、まともに利
       用 す べ き ものではありません。より完全な解決法を求めるな

ABELNET VPSサービス