rcsdiff(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rcsdiff

前のページ 上に戻る 次のページ

rcsdiff



書式

       rcsdiff  [ -ksubst ] [ -q ] [ -rrev1 [ -rrev2 ] ] [ -T ] [
       -V[n] ] [ -xsuffixes ] [ -zzone ] [ diff  options  ]  file
       ...


解説

       rcsdiff は、 diff(1) を起動して、指定された RCS ファイルの
       2 つのリビジョンを比較します。

       RCS 拡張子にマッチするパス名は RCS ファイル、その他のパ ス
       名はワークファイルであるとみなします。ファイルの対応づけに
       ついては ci(1) を参照してください。

       -q オプションが指定されると診断メッセージの表示を行いま せ
       ん。  -r オプションにより 0、1 あるいは 2 個のリビジョンを
       指定できます。 -ksubst オプションはリビジョンを取り出す 際
       の キーワード置換の方法を変更します。 co(1) を参照してくだ
       さい。たとえば、 -kk -r1.1 -r1.2 と指定すると、リビジョ ン
       1.11.2 を比較する際にキーワードの違いを無視します。以
       下に示す 4 つの場合、ロック者キーワードの違いから余計な 差
       分 が出力されるのを抑止するために、 -kkvl オプションが指定
       されたものとみなします。 (1) たかだか 1 つのリビジョンしか
       指 定 されていない、 (2) -k オプションが指定されていない、
       (3) デフォルトのキーワード置換方式が -kkv と設定され て い
       る、 (4) ワークファイルのファイルモードが co -l が作成する
       ものと同じである。 -T, -V, -x, -z オプションの詳細について
       は  co(1) を参照してください。その他、通常ファイルに対して
       用いられる diff(1) のすべてオプションは、同じ意味で  rcsd-
       iff に対して用いることができます。

       rev1rev2 が両方とも指定されなかった場合、 rcsdiff はデ
       フォルト枝 (branch) (デフォルトでは幹(trunk)) の最新のリビ
       ジョンとワークファイルとを比較します。これは、最後にチェッ
       クインした後、ワークファイルに対して加えられた変更を知るの
       に便利です。

       rev1  のみが指定された場合、 rcsdiff は RCS ファイル中のリ
       ビジョン rev1 の内容とワークファイルの内容を比較します。

       rev1rev2 の両方が与えられた場合、 rcsdiff は RCS  ファ
       イル中の指定された 2 つのリビジョンを比較します。

       rev1rev2 は、数字またはシンボルで指定することができま
       す。


使用例

       以下のコマンド

               rcsdiff  f.c

       は、 RCS ファイルのデフォルト枝の最新リビジョンと ワ ー ク
       ファイル f.c を比較します。
       Copyright (C) 1982, 1988, 1989 Walter F. Tichy.
       Copyright (C) 1990, 1991, 1992, 1993 Paul Eggert.


関連項目

       ci(1),  co(1),  diff(1),  ident(1),  rcs(1),  rcsintro(1),
       rcsmerge(1), rlog(1)
       Walter  F.  Tichy,  RCS--A  System  for  Version  Control,
       Software--Practice  &  Experience  15,  7   (July   1985),
       637-654.



GNU                         1999/08/27                 RCSDIFF(1)

ABELNET VPSサービス