rcs(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rcs

前のページ 上に戻る 次のページ

rcs



書式

       rcs options file ...


解説

       rcs  は、RCS ファイルの新規作成および RCS ファイルの属性変
       更を行います。 RCS ファイルは、複数のリビジョン、アクセ ス
       リ スト、変更履歴、内容記述、制御属性からなります。 rcs コ
       マンドが実行できるのは、実行したユーザが RCS ファイルの ア
       ク セ スリストに登録されているか、アクセスリストが空である
       か、ユーザが RCS ファイルの所有者であるか、スーパユーザ で
       あるか、あるいは -i オプションが指定されている場合に限られ
       ます。

       RCS 拡張子にマッチするファイル名は RCS ファイルであると み
       な し、 その他のファイル名はワークファイルであるとみなしま
       す。詳しくは、 ci(1) を参照してください。リビジョン番号 は
       ci(1) に記述されている形式を用います。


オプション

       -i     新たな RCS ファイルを作成し、初期化します。ただし、
              リビジョンは作成しません。指定されたファイ ル 名 に
              ディレクトリ名が含まれていない場合、 rcs はまずカレ
              ントディレクトリにある ./RCS ディレクトリにファイル
              を 作成しようと試みます。これに失敗したら、カレント
              ディレクトリに作成しようと試みます。もしすでに  RCS
              ファイルが存在した場合はエラーとなります。

       -alogins
              RCS  ファイルのアクセスリストに logins で指定したユ
              ーザ名を追加します。 logins は、コンマで区切った ユ
              ーザ名のリストです。

       -Aoldfile
              oldfile で指定した RCS ファイルのアクセスリストに登
              録されているユーザ名を、対象の RCS ファイルのアクセ
              スリストに追加します。

       -e[logins]
              logins で指定したユーザ名を、RCS ファイルのアクセス
              リストから消去します。 logins が省略された場合 は、
              アクセスリスト全体を消去します。

       -b[rev]
              rev   をデフォルトの枝とします。 rev が省略された場
              合、デフォルト枝は幹上で最も大きな番号を持つ枝に な
              ります。

       -cstring
              コメント開始文字列を string に設定します。最初に ci
              を起動した時、あるいは rcs -i-c オプションを 指
              定 しなかった時は、コメント開始文字列はワークファイ
              ルの拡張子から自動的に推測されます。
              指定することで、デフォルトの展開方式を無効にする こ
              とができます。 rcs -kv を用いるときは注意してくださ
              い。なぜなら、 -kv をデフォルトにすると co -l あ い
              い れなくなるからです。 rcs -kkv によって、通常のデ
              フォルト値に戻すことができます。

       -l[rev]
              リビジョン rev をロックします。 rev が枝を 示 す 場
              合、枝上の最新のリビジョンがロックされます。 rev が
              省略された場合、デフォルト枝上の最新のリビジョン が
              ロッ クされます。ロックすることにより、そのリビジョ
              ンのファイルに対して複数の人が変更することを防止 で
              き ます。別の人が既にロックしている場合、 rcs -u に
              より、ロックを解除することができます(下記参照)。

       -u[rev]
              リビジョン rev をロック解除します。 rev が枝を示 す
              場 合、枝上の最新のリビジョンがロック解除されます。
              rev が省略された場合、コマンドを実行したユ ー ザ が
              ロッ クした最新のリビジョンがロック解除されます。通
              常、ロックしたユーザのみがロックを解除することが で
              き ま す。 他のユーザがロックを解除しようとすると、
              ロックしたユーザへメールが送信されます。メールに は
              ロッ ク を 解除する理由等を書いたコメントを付加しま
              す。コメントはロックを解除しようとしたユーザが入 力
              し、 ファイル終端あるいは .  のみを含む行を入力する
              ことで終了します。

       -L     ロックを厳格に行なうモード (以下、厳格モード) に 設
              定 します。厳格ロックを指定すると、RCS ファイルの所
              有者であっても、ロックしているファイルをチェック イ
              ン することができなくなります。複数のユーザで共有す
              るようなファイルは本モードで利用すべきです。

       -U     ロックを厳格には行なわないモード (以下、非厳格モ ー
              ド)   に 設 定します。非厳格ロックを指定すると、RCS
              ファイルの所有者はロックすることなく、新し い リ ビ
              ジョ ンをチェックインすることができます。複数のユー
              ザで共有するファイルは本モードで使用すべきではあ り
              ま せん。デフォルトのロックモードを厳格にするか非厳
              格にするかは、RCS システムをインストールしたシス テ
              ム管理者が決めますが、通常は厳格モードです。

       -mrev:msg
              リ ビ ジョ ン rev のログメッセージを msg に置換しま
              す。

       -M     ロックしたユーザ以外のユーザがロックを解除 し た 際
              に、 メールを送りません。これは使用を簡便にする目的
              のオプションではありません。他の方法によりユーザ に
              警 告を行うようなプログラムを使用し、 rcs -u を単に
              低いレベルのロック解除の目的で使用するような場合 の
              rcs -nname:$ RCS/* は各 RCS ファイルに対応したワ ー
              ク ファイル中のキーワードに含まれるリビジョン番号と
              name を関連付けます。

       -Nname[:[rev]]
              -n と同様に動作します。ただし、同じ name が別のリビ
              ジョ ンに関連付けられていてもエラーとはせず、関連付
              けをしなおします。

       -orange
              range で指定したリビジョンを削除します。 range がた
              だ 1 つのリビジョン番号ならば、そのリビジョンを削除
              します。 range に枝番号が含まれれば、その枝の最新の
              リビジョンを削除します。 rev1:rev2 形式の範囲指定で
              は、同じ枝上の rev1 から rev2 までのすべて の リ ビ
              ジョンが削除されます。 :rev は枝の開始から rev まで
              のリビジョンを、 rev: は同じ枝上の rev 以降の リ ビ
              ジョ ンのすべてを削除します。削除されるリビジョンに
              ロックや枝があってはいけません。

       -q     診断メッセージは表示されません。

       -I     対話モードで動作します。たとえ標準入力が端末でな く
              ても、ユーザに対して問い合わせを行います。

       -sstate[:rev]
              リビジョン rev の状態を state にします。 rev が枝番
              号なら、その枝の最新のリビジョンの状態を変 更 し ま
              す。  rev  が省略されたなら、デフォルト枝の最新リビ
              ジョンを変更します。 state としては自由な識別子を指
              定 で き ます。一般に用いられる識別子としては、 Exp
              (experimental: 実験的)、 Stab (stable: 安定し た)、
              Rel  (released: リリースした)があります。デフォルト
              では、 ci(1) は状態を Exp にします。

       -t[file]
              RCS ファイルの内容記述テキストをファイル file の 内
              容 で置換します。すでに存在していた内容記述は削除さ
              れます。ファイル名は - で始まってはい け ま せ ん。
              file が省略された場合、テキストは標準入力から読み込
              まれ、ファイル終端または .  のみを含む行で終了し ま
              す。 可能ならば、テキストの入力を促すプロンプトが表
              示されます( -I オプションの項を参照)。 -i オプ ショ
              ン を指定すると、 -t オプションが指定されていなくて
              も内容記述テキストの入力を求めます。

       -t-string
              RCS ファイルの内容記述テキストを文字列 string で 置
              換 し ま す。すでに存在していた内容記述は削除されま
              す。

       -T     リビジョンが削除されない限り、RCS ファイルの変更 時
       -xsuffixes
              RCS  ファイル拡張子を suffixes に指定します。詳しく
              は ci(1) を参照してください。

       -zzone デフォルトのタイムゾーンとして zone を使用しま す。
              このオプションは何の効果もありません。他の RCS コマ
              ンドとの互換性を保つために存在します。

       rcs コマンドの将来予定されている拡張との互換性を維持するに
       は、少なくともひとつのオプションを明示的に指定する必要があ
       ります。


互換性

       -brev オプションを指定すると、 RCS バージョン 3 以前では処
       理できない RCS ファイルが生成されます。

       -ksubst   オ プション( -kkv を除く)を指定すると、 RCS バー
       ジョン 4 以前では処理できない RCS ファイルが生成されます。

       バ ージョン n の RCS で処理できる RCS ファイルを生成するた
       めに rcs -Vn を利用することができます。これによ り、 バ ー
       ジョン n で処理できない情報を削除することができます。

       バージョン 5.5 以前の RCS は -x オプションをサポートしませ
       ん。RCS ファイルの拡張子としては ,v が用いられます。


関連ファイル

       rcsci(1) とほぼ同様のファイル群にアクセスします。た だ
       し、 ア クセスはすべて実効ユーザ ID によって行われます。ま
       た、ワークファイルやそのディレクトリには書き込みを行いませ
       ん。 リ ビ ジョン番号として $ を指定した場合を除き、ワーク
       ファイルを読むこともありません。


環境変数

       RCSINIT
              コマンドライン引数に先立って与えられるオプション を
              指 定 し ます。各オプションは空白で区切って指定しま
              す。詳しくは ci(1) を参照してください。


診断

       RCS ファイル名およびひとつ古い(outdated)リビジョン番号が診
       断出力として表示されます。すべての処理が成功した場合に限り
       終了ステータス 0 を返します。


作者

       Author: Walter F. Tichy.
       Manual Page Revision: 1.5; Release Date: 1999/08/27.
       Copyright (C) 1982, 1988, 1989 by Walter F. Tichy.
       Copyright (C) 1990, 1991,  1992,  1993,  1994,  1995  Paul
       Eggert.


関連項目

       りは : ではなく - でした。しかし、これはシンボリック名が -
       を含んでいるときに混乱を生じます。従来の版との互換性のため
       rcs -o- を用いた記法もサポートしますが、この記法を用い
       た場合は警告メッセージを表示します。

       シンボリック名が指しているリビジョンが存在するとは限りませ
       ん。例えば、 -o オプションによってリビジョンが削除されても
       それを指すシンボリック名は削除されずに残っています。シンボ
       リッ ク 名を削除するには -n オプションを用いる必要がありま
       す。



GNU                         1999/08/27                     RCS(1)

ABELNET VPSサービス