rcp(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

rcp

前のページ 上に戻る 次のページ

rcp


     rcp [-Kprx] [-k realm] file ... directory


解説

     rcp は、ネットワークでつながれた複数のマシンの間でコピーをするプログラム
     です。 file および directory として ``rname@rhost:path'' の形式で指定する
     ことにより、それがリモートマシン上のファイルであるとみなされます。ファイ
     ル指定に `:' が含まれていないか、含まれていても `/' の後にある場合は、ロ
     ーカルマシンのファイルとみなされます。

     次のオプションを利用可能です:

     -K    全ての Kerberos による認証を無効にします。

     -k    krb_realmofhost(3) で決定されるリモートホストの realm のかわりに、
           realm で指定したリモートホストの チケットを得るようにします。

     -p    umask を無視し、転送元のファイルの修正日付とアクセスモードを維持し
           たままコピーします。デフォルトでは、転送先に同じファイル名のファイ
           ルがすでに存在していれば、そのファイルのモードと所有者が引き継が
           れ、もしファイルが存在していなければ、転送元のファイルのモードに転
           送先のマシンで使われている umask(2) のマスクを施したアクセスモード
           になります。

     -r    転送元としてディレクトリが指定された場合、ディレクトリ下の各ファイ
           ルも再帰的にコピーします。この場合、転送先にはディレクトリを指定し
           なければなりません。

     -x    rcp で送るすべてのデータを DES 暗号化します。これによりレスポンスタ
           イムと CPU の利用率に影響が生じますが、セキュリティは向上します。

     file がフルパスでなかった場合は、リモートマシン rhost 上のユーザ ruser の
     ログインディレクトリ (リモートユーザ名が指定されていなければ、現在のユー
     ザ名のログインディレクトリ) からの相対パスと解釈します。リモートマシン上
     のファイル指定にワイルドカードなどのメタキャラクタを含める場合は、ローカ
     ルマシンのシェルによりワイルドカードが展開されないよう \, ", ' のいずれか
     でクォートする必要があります。

     rcp では rsh(1) を使用するため同様のユーザの認証が必要とされ、パスワード
     を要求するプロンプトを出しません。

     rcp では転送元、転送先ともにリモートマシンを指定し、第三者によるリモート
     マシン間でのファイルのコピーを行うこともできます。


関連ファイル

     /etc/auth.conf  認証サービスの設定


関連項目

     cp(1), ftp(1), rlogin(1), rsh(1), auth.conf(5), hosts.equiv(5)


歴史

     rcp コマンドは 4.2BSD から登場しました。このバージョンの rcp は、
     4.3BSD-Reno において Kerberos を組み込んで再実装されました。

ABELNET VPSサービス