quota(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

quota

前のページ 上に戻る 次のページ

quota


     quota [-u] [-v | -q] user
     quota [-g] [-v | -q] group


解説

     quota は、ユーザのディスク使用量と割り当て制限を表示します。デフォルトで
     はユーザに対する割り当て制限に関する情報のみが表示されます。

     次のオプションを使用可能です:

     -g      ユーザが所属するグループに対するグループ割り当て制限を表示しま
             す。これに対し、 -u オプションはデフォルトの動作と同じです。

     -v      quota は使用していないファイルシステムについても割り当て制限を表
             示します。

     -q      使用量が割り当てを越えたファイルシステムに関する情報だけが含まれ
             る簡潔なメッセージを表示します。

     -g-u の両方を指定した場合は、(そのユーザの)ユーザ割り当て制限とグルー
     プ割り当て制限の両方が表示されます。

     スーパユーザに限り、 -u オプションとユーザ名を引数に指定して他のユーザの
     割り当て制限を見ることができます。スーパユーザ以外でも自分が所属するグル
     ープについては、 -g オプションと group 引数を指定することで、自分が属する
     グループの割り当て制限だけは見ることができます。

     -q オプションは -v オプションより優先されます。

     quota はマウントされている全てのファイルシステムに関して報告しようとしま
     す。ファイルシステムが NFS を介してマウントされている場合、
     rpc.rquotad(8) NFS サーバのデーモンと連絡しようとします。 UFS ファイルシ
     ステムでは、 quota/etc/fstab にて有効にされている必要が有ります。
     quota が 0 以外の値を返して終了した場合、割り当て制限を越えているファイル
     システムがあります。


関連ファイル

     quota.user   ファイルシステムのルートディレクトリに置かれたユーザの割り当
                  て制限に関するデータ
     quota.group  ファイルシステムのルートディレクトリに置かれたグループの割り
                  当て制限に関するデータ
     /etc/fstab   ファイルシステムの名前と位置


歴史

     quota コマンドは 4.2BSD で登場しました。


関連項目

     quotactl(2), fstab(5), edquota(8), quotacheck(8), quotaon(8),
     repquota(8), rpc.rquotad(8)

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス