ps(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ps

前のページ 上に戻る 次のページ

ps


        [-t tty] [-U username] [-W swap]
     ps [-L]


解説

     ps は、制御端末を持つ自分 (あなた) のプロセスの情報を、ヘッダ行に続いて表
     示します。この情報は、制御端末順に整列され、その中ではプロセス ID 順に整
     列されます。

     表示される情報は、一連のキーワードによって選ばれます (-L, -O, -o オプショ
     ンを参照)。デフォルトの出力フォーマットは、各プロセス毎に、プロセス ID,
     制御端末・cpu 時間 (ユーザ時間とシステム時間の両方)・プロセス状態・プロセ
     スに関連するコマンドから成ります。

     プロセスファイルシステム ( procfs(5) 参照) は、 ps が実行されている時にマ
     ウントされているべきです。そうでない場合、すべての情報が利用可能になるわ
     けではありません。

     オプションを以下に示します。

     -a      自分のプロセスに加え自分以外のプロセスの情報も同様に表示します。
             この機能は、 kern.ps_showallprocs sysctl を 0 に設定することで無
             効化できます。

     -c      ``コマンド'' 桁の出力を、すべてのコマンドラインを表示するのではな
             く、実行形式名だけを表示するように変更します。

     -C      cpu パーセンテージの計算を、``常駐'' 時間を無視する ``生'' cpu 時
             間を使う方法に変更します (通常これは影響ありません)。

     -e      環境 (変数) も同時に表示します。

     -f      スワップアウトされたプロセスに関して、コマンドラインと環境の情報
             を表示します。ユーザの uid が 0 である場合のみ、このオプションが
             有効になります。

     -h      ページ毎に 1 つヘッダが入るようにします。

     -j      次のキーワードに関する情報を表示します: user, pid, ppid, pgid,
             sess, jobc, state, tt, time, command。

     -L      有効なキーワードの一覧を表示します。

     -l      次のキーワードに関する情報を表示します: uid, pid, ppid, cpu, pri,
             nice, vsz, rss, wchan, state, tt, time, command。

     -M      名前リストの値を取り出すとき、デフォルトの /dev/kmem の代わりに、
             指定した core から取り出します。

     -m      プロセス ID 順ではなく、メモリ使用量順に整列します。

     -N      デフォルトの /kernel の代わりに、指定された system から名前リスト
             を取り出します。

     -S      プロセス時間を計算するのに、終了した子プロセスの時間を親プロセス
             に合計するように変更します。

     -T      標準入力のデバイスに取り付けられたプロセスの情報を表示します。

     -t      指定された端末デバイスに取り付けられたプロセスの情報を表示しま
             す。

     -U      指定された username に属するプロセスを表示します。

     -u      次のキーワードに関する情報を表示します: user, pid, %cpu, %mem,
             vsz, rss, tt, state, start, time, command。 -u オプションを指定す
             ると -r オプションも暗に指定したことになります。

     -v      次のキーワードに関する情報を表示します: pid, state, time, sl, re,
             pagein, vsz, rss, lim, tsiz, %cpu, %mem, command。 -v オプション
             を指定すると -m オプションも暗に指定したことになります。

     -W      libkvm を使う代わりに指定したファイルからスワップ情報を取り出しま
             す。

     -w      デフォルトの現行ウィンドウ幅ではなく、132 桁幅で表示します。一度
             より多く -w オプションを指定すると、 ps はウィンドウ幅にかかわら
             ず、必要なだけの幅を使用します。

     -x      制御端末のないプロセスの情報も表示します。

     有効なキーワードの全リストを以下に示します。いくつかのキーワードに関して
     はさらに詳しく述べます。

     %cpu    プロセスの cpu 利用率です。実時間で最近 1 分間の減衰平均です。計
             算の基点となる時間は変化するので (プロセスはまだ生れたばかりかも
             しれないので)、 %CPU フィールド全部の合計は 100% を越える可能性も
             あります。

     %mem    プロセスで使われている実メモリのパーセンテージです。

     flags   インクルードファイル <sys/proc.h> でプロセスに定義されたフラグで
             す。

             P_ADVLOCK     0x00001       プロセスは POSIX 提案ロックを保持して
                                         いる
             P_CONTROLT    0x00002       制御端末を持っている
             P_INMEM       0x00004       メモリに読み込まれている
             P_NOCLDSTOP   0x00008       子プロセスが停止しても SIGCHLD を送ら
                                         ない
             P_PPWAIT      0x00010       親プロセスが、子プロセスが exec/exit
                                         するのを待っている
             P_PROFIL      0x00020       プロファイル付きで実行された
             P_SELECT      0x00040       select 中; wakeup/waiting は危険であ
                                         る
             P_SINTR       0x00080       sleep は割り込み可能

     lim     setrlimit(2) の呼び出しで指定される、メモリ使用量のソフトリミット
             です。

     lstart  コマンドの実行が始まった正確な時刻を、 strftime(3) に記述された
             ``%c'' フォーマットで表示します。

     nice    プロセススケジューリングにおける増加値です (setpriority(2) 参
             照)。

     rss     プロセスの実メモリ(常駐分)の大きさ(1024バイト単位)です。

     start   コマンドが開始された時間です。コマンドが開始されたのが 24 時間以
             内なら、開始時刻は strftime(3) で記述された ``%l:ps.1p'' フォー
             マットで表示されます。コマンドが開始されたのが 7 日以内なら、開始
             時刻は ``%a6.15p'' フォーマットで表示されます。さもなくば、開始時
             刻は ``%e%b%y'' フォーマットで表示されます。

     state   プロセスの状態を文字の列で表示します。例えば、 ``RWNA'' の最初の
             文字は、プロセスが runnable 状態であることを示しています。

             D       プロセスはディスク (あるいは他の割り込み不可能な短期間の)
                     待ち状態です。
             I       プロセスは idle 状態 (20 秒以上 sleep している) です。
             J       プロセスは jail(2) 中のものです。牢屋のホスト名はは
                     `/proc/<pid>/status' に記述されています。
             R       プロセスは runnable 状態です。
             S       プロセスは 20 秒未満の sleep 状態です。
             T       プロセスは stop している状態です。
             Z       プロセスは死んでいる状態 (``ゾンビ'') です。

             さらにこの後に文字があれば、さらなる状態情報を示します。

             +       プロセスはその制御端末のフォアグラウンドプロセスグループ
                     に属しています。
             <       プロセスは CPU のスケジュール優先度が上げられています。
             >       プロセスはメモリ要求に対するソフトリミットが指定されてお
                     り、現在そのリミットを越えています。このようなプロセスは
                     (必然的に) スワップされていません。
             A       プロセスはランダムなページ置換 ( madvise(2) における
                     MADV_RANDOM のことで、例えば、 lisp(1) でのガーベージコレ
                     クション) を要求しました。
             E       プロセスは終了しようとしています。
             L       プロセスは実メモリ中にロックされたページ (例えば、raw I/O
                     用) を持っています。
             N       プロセスは CPU スケジューリング優先度 ( setpriority(2) 参
                     照) が下げられています。
             S       プロセスは FIFO ページ置換 ( madvise(2) における
                     MADV_SEQUENTIAL のことで、例えば、仮想記憶の多量のデータ
                     を順次アクセスする大規模画像処理プログラム) を要求しまし
                     た。
             s       プロセスはセッションリーダです。
             V       プロセスは vfork(2) の間、一時中断されています。

     ブロックされているプロセスは ``<exiting>'' と表示されます。 ps は、メモリ
     やスワップ領域を検査して、プロセスが生成されたときのファイル名や引数を推
     測します。この方法は、本質的に少々信頼できるものではなく、プロセスはとに
     かくこの情報を破壊することができます。だから、表示されるコマンド名や引数
     をあまり信用しすぎてはなりません。一方、キーワード ucomm (アカウンティン
     グ名) は信用できます。


キーワード

     以下は有効なキーワードとその意味の全リストです。そのうちいくつかは別名が
     あります。

     %cpu       cpu 使用率 (別名 pcpu)
     %mem       メモリ使用率 (別名 pmem)
     acflag     アカウンティングフラグ (別名 acflg)
     command    コマンド名と引数
     cpu        短期間 cpu 使用係数 (スケジューリング用)
     flags      16 進数のプロセスフラグ  (別名 f)
     inblk      総ブロック読み出し数 (別名 inblock)
     jobc       ジョブコントロール数
     ktrace     トレース中フラグ
     ktracep    トレース中の vnode
     lim        メモリ利用のリミット
     logname    プロセスを開始したユーザのログイン名
     lstart     開始時刻
     majflt     総ページフォールト数
     minflt     総ページ再生数
     msgrcv     総メッセージ受信数 (パイプ/ソケットからの読み込み)
     msgsnd     総メッセージ送信数 (パイプ/ソケットへの書き込み)
     nice       nice 値 (別名 ni)
     nivcsw     総強制的コンテキストスィッチ数
     nsigs      総シグナル受け入れ数 (別名 nsignals)
     nswap      総スワップイン/スワップアウト数
     nvcsw      総自発的コンテキストスィッチ数
     nwchan     wait チャネル (アドレスで表示)
     oublk      総ブロック書き込み数 (別名 oublock)
     p_ru       リソース利用量 (ゾンビに対してのみ有効)
     paddr      スワップアドレス
     pagein     ページイン数 (majflt と同じ)
     pgid       プロセスグループ番号
     pid        プロセス ID
     poip       進行中のページアウト数
     ppid       親プロセス ID
     pri        スケジューリング優先度
     re         実メモリ常駐時間 (秒単位; 127 = 無限)
     rgid       実グループ ID
     rlink      run 行列における逆リンク (あるいは 0)
     rss        常駐セットサイズ
     rsz        常駐セットサイズ + (テキストのサイズ/テキストの利用総数) (別名
                rssize)
     rtprio     実時間優先度 (101 = 実時間プロセスではない)
     ruid       実ユーザ ID
     ruser      ユーザ名 (ruid から得られたもの)
     tsiz       テキストサイズ (K バイト単位)
     tt         制御端末名 (2 文字の省略形)
     tty        制御端末の完全な名前
     uprocp     プロセスポインタ
     ucomm      アカウンティングで使われるコマンド名
     uid        実効ユーザ ID
     upr        システムコールから帰る時のスケジューリング優先度 (別名 usrpri)
     user       ユーザ名 (uid から得たもの)
     vsz        k バイト単位の仮想記憶サイズ (別名 vsize)
     wchan      wait チャネル (シンボル名で表示)
     xstat      終了ステータスまたは stop ステータス (stop プロセスかゾンビプ
                ロセスの時のみに有効)


関連ファイル

     /dev                    特殊ファイルとデバイスの名前
     /dev/drum               デフォルトのスワップデバイス
     /dev/kmem               デフォルトのカーネルメモリデバイス
     /var/run/dev.db         /dev 名前データベース
     /var/run/kvm_kernel.db  システム (カーネル) の名前リストデータベース
     /kernel                 デフォルトのシステムの名前リスト
     /proc                   procfs(5) のマウントポイント


関連項目

     kill(1), w(1), kvm(3), strftime(3), procfs(5), pstat(8), sysctl(8)


バグ

     ps はシステムより速く実行できず、他のプロセスと同様にスケジュールされて実
     行されるので、表示される情報は正確ではあり得ません。

FreeBSD 4.4                     April 18, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス