prompter(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

prompter

前のページ 上に戻る 次のページ

prompter



SYNOPSIS

       prompter  [-erase chr] [-kill chr] [-prepend] [-noprepend]
            [-rapid]  [-norapid]   [-doteof]   [-nodoteof]   file
            [-help]


DESCRIPTION

       こ の プ ロ グ ラ ムは通常ユーザーが直接起動する事はなく、
       compdistforwrepl から、 file で指定される RFC-822 形
       式のドラフトの雛型を操作するエディタとして働きます。

       prompter  はメッセージを高速に作成する事が出来るエディタで
       す。特に、遅いネットワーク(2400ボー以下)経由で MH を使う場
       合には有用です。これは、プロファイル・エントリにオプション
       等を指定もできる MH プログラムですが、ユーザーが直接呼び出
       す 事 は ありません compdistforw、そして repl コマンド
       が、 `-editor prompter' で指定された場合や、プロファイル・
       エ ントリ "Editor: prompter" による場合や、あるいは、"What
       now?" で `edit prompter' と指定された場合に、 prompter  を
       エディタとして呼び出します。

       prompter  はドラフトの雛型の中に中身が空のヘッダー行を見つ
       けると、そのそれぞれについて、ユーザーに反応を求めるプロン
       プトを出します。 <RETURN> を打つと、そのヘッダー行をそのま
       ま置いておきます。また、`\' を直前に置いた <RETURN> はその
       ヘッダー行が継続行として、次の行に続く事を意味します。継続
       行は必ずスペースまたはタブで始まらなければなりません。

       中身が空でないヘッダー行はそれぞれ、ドラフトにコピーされ、
       端末に表示されます。

       メッ セ ージ・ボディの始まりは空行かダッシュの行で表されま
       す。もし、ボディが空でなかったら、プロンプト(これはファ イ
       ルには書き出されない)は

           "--------Enter additional text"

       あるいは(`-prepend' が指定された場合は)

           "--------Enter initial text"

       となります。メッセージ・ボディの打ち込みは end-of-file (通
       常 CTRL-D) で終了します。 `-doteof' オプションをつけると、
       ピ リオドだけからなる行も end-of-file として認識します。こ
       の時点で、処理は呼び出し元のプログラムに戻されます。 "What
       now?"   と 聞 かれた場合は、これに対する様々なオプションは
       whatnow(1) を参照して下さい。

       `-prepend' オプションを使うと、ユーザーは打ち込むテキス ト
       をメッセージ・ボディの最初の部分に追加し、残りのボディをそ
       れ以下に置くことが出来ます。これは forw コマンドで有 用 で
       す。

       prompter  へのオプションでない最初の引数は、ドラフト・ファ
       イルの名前と考えられ、それ以降のオプションでない引数は無視
       されます。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル
       /tmp/prompter*                      メッセージの一時コピー


PROFILE COMPONENTS

       prompter-next:       prompter を終了した後で、呼び出されるエディタ
       Msg-Protect:         新しいドラフトを作る際にセットされるモード


SEE ALSO

       comp(1), dist(1), forw(1), repl(1), whatnow(1)


DEFAULTS

       `-prepend'
       `-norapid'
       `-nodoteof'


CONTEXT

       無し。


HELPFUL HINTS

       `-rapid'   オ プ ショ ンは特に forw コマンドで有用であり、
       `-noprepend' は comp -use で有用です。

       ユーザーは prompter を別の名前で(例えば "rapid")リンクを作
       り、 それのプロファイル・エントリに適切なオプション(例えば
       "rapid: -rapid") をつけたいと思うかも知れません。これは 異
       なる MH コマンドに prompter を異なる呼び出し方をさせる事 (
       例えば、"forw: -editor rapid")を容易にします。


BUGS

       prompterstdio (3) を使うので、ヌル文字を含むファイルを
       編集すると、それが失われてしまいます。



[mh.6]                        MH.6.8                  PROMPTER(1)

ABELNET VPSサービス