pr(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

pr

前のページ 上に戻る 次のページ

pr


        [-h header] [[-i] [char] [gap]] [-l lines] [-o offset] [[-s] [char]]
        [[-n] [char] [width]] [-w width] [-] [file ...]


解説

     pr ユーティリティは、テキストファイルをページ単位に整形し、出力します。複
     数の入力ファイルが指定された場合はそれぞれについて読み、整形し、標準出力
     に書き出します。デフォルトでは、入力ファイルは 1 ページ 66 行に分割され、
     各ページに以下のものがつきます。

     o   ページ番号、日付、時間、ファイルのパス名のついた 5 行のヘッダ

     o   空行からなる 5 行のトレーラ

     標準出力が端末の場合、 pr が処理を完了するまで、診断メッセージを出しませ
     ん.

     マルチカラム出力が指定された場合、テキストの各列は同一の幅で出力されま
     す。デフォルトでテキストの各列は 1 つ以上の <blank> で分割されます。入力
     行がテキストの幅からはみ出るときは切り捨てられます。単一列の出力の場合は
     切り捨てられません。


オプション

     以下のオプションの記述において、 column, lines, offset, page, width は 10
     進の正の整数で、gap は 10 進の負でない整数です。

     +page
           入力を整形したあと、ページ番号 page から出力をはじめます。

     -column
           column 列で出力します (デフォルトは 1)。テキストは入力ファイルから
           読んだ順に、各列に垂直に書かれます。このオプションを指定すると、 -e-i オプションも指定されたものとみなされます。このオプションは、
           -m と一緒に使用することはできません。 -t と一緒に使用すると、出力の
           表示行数が最小になります。

     -a    このオプションは -column オプションを変更し、 同一ページで行毎に、
           順次複数列の出力を行います (例えば, 列数が 2 の場合、最初の入力行を
           第 1 列先頭、2 番目の入力行を第 2 列先頭、3 番目の出力を第一列第 2
           行にという具合です)。このオプションを使うには -column オプションの
           指定が必要です。

     -d    ダブルスペースで出力します。入力に <newline> を見つけると、続けて余
           分な <newline> を一つ出力します。

     -e [char][gap]
           入力中の各 <tab> を、式 n*gap+1 で表される位置のうちの現在位置の次
           に大きい列位置まで展開します。この n は 0 より大きい整数です。 gap
           が 0 もしくは省略された場合、デフォルトとして 8 が指定されたことに
           なります。入力中のすべての <tab> キャラクタは、適切な個数の <space>
           に展開されます。数字でない文字 char が指定された場合、この文字がそ
           の入力のタブキャラクタとして使われます。

           環境変数のかわりに、引数として指定される locale を使用します。ロケ
           ールをデフォルト設定にリセットするには、"C" を使用します。

     -l lines
           ページ長をデフォルトの 66 行のかわりに lines 行にします。 lines が
           ヘッダとトレーラの行数の和より大きくないときには、 -t オプションを
           つけたときのように、ヘッダとトレーラを出力しません。

     -m    複数のファイルの中身をマージします。引数で指定した各ファイルから読
           み込まれた一つの行は、同一の幅で並べて書かれます。テキストの列の数
           は、引数で指定したファイルのうちのオープンに成功したものの数になり
           ます。マージするファイルの最大値は、ページ幅とプロセスがオープンで
           きるファイルの最大数に依存します。このオプションを指定すると、 -e-i オプションも指定されたものとみなされます。

     -n [char][width]
           width 桁の行番号をつけます。 width のデフォルト値は 5 です。各列の
           width で指定された位置、 または -m による出力の各行に、行番号がつき
           ます。 char (数字でない文字)が与えられた場合は、行番号とテキストの
           間をその文字で区切ります。 char のデフォルトは <tab> です。 width
           より長い行番号は切り詰められます。

     -o offset
           出力の各行の先頭には offset 個の <space> がつきます。 -o オプション
           の指定がなければ、デフォルトは 0 になります。このスペースは出力の幅
           に追加されます。

     -r    ファイルのオープンに失敗したときのエラーメッセージを出力しません。

     -s char
           テキストの各列間を、複数個の <space> の代わりに単一の文字 char で分
           割します ( char のデフォルトは <tab> です)。

     -t    通常ならば各ページに付加される 5 行の識別ヘッダと 5 行のトレーラを
           どちらも表示しなくなります。各ファイルの最終行が出力されたあと、ペ
           ージの最後までの空白を作らずに、そこで動作をやめてしまいます。

     -w width
           マルチカラム出力のために、1 行の幅を width 文字分にします。 -w オプ
           ションも -s オプションも指定されなかった場合、デフォルト幅は 72 で
           す。 -w オプションが指定されずに -s オプションが指定された場合は、
           デフォルト幅は 512 になります。

     file  表示するファイルのパス名です。 file が指定されなかった場合、もしく
           は file が `-' だった場合は、標準入力が利用されます。標準入力が使用
           されるのは、 file が指定されなかった場合、もしくは file が `-' だっ
           た場合のみです。

     -s オプションでは、オプション文字 (`s') と その引数 ( char ) との間を空け
     ることは許されていません。また、 -e, -i, -n は両方の引数が必要で、オプ
     ション文字と分割できません。


規格

     pr ユーティリティは IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') に準拠しています。


歴史

     pr コマンドは Version 1 AT&T UNIX に登場しました。

FreeBSD 4.4                     April 18, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス