pkg_info(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

pkg_info

前のページ 上に戻る 次のページ

pkg_info


              [-W filename] [pkg-name ...]
     pkg_info -a [flags]


解説

     pkg_info コマンドは、 pkg_create(1) によりファイルにパックされた package
     (訳注: FreeBSD の package system におけるパッケージを指す場合にこう表記し
     ます) か、 pkg_add(1) によりすでにシステムにインストールされた package に
     関し、情報を表示するために用いられます。


オプション

     以下のコマンドラインオプションが提供されています。

     pkg-name ...
             指定された package が表示されます。指定されるのはイントール済みの
             package の名前か、package 配布ファイルへのパス、FTP 可能な pack-
             age への URL のいずれかになります。

     -a      現在インストールされているすべての package を表示します。

     -v      饒舌な出力に切り替えます。

     -p      各 package のインストール用 prefix を表示します。

     -q      レポートヘッダのような情報を出力する際に余分な出力を ``省略''
             し、生の情報のみ出力します (基本的に人が読みやすいものではありま
             せん)。

     -c      各 package の (一行) コメントフィールドを表示します。

     -d      各 package の長い説明フィールドを表示します。

     -D      各 package のインストールメッセージファイルを表示します。

     -f      各 package の packing list instructions を表示します。

     -g      記録されたチェックサムに合致しないファイルを表示します。

     -i      もしあれば、各 package のインストールスクリプトを表示します。

     -I      各 package のインデックス行を表示します。このオプションは他の
             package 書式整形オプションの全てに優先します。

     -k      もしあれば、各 package のアンインストールスクリプトを表示します。

     -r      もしあれば、各 package の requirements スクリプトを表示します。

     -R      (指定した) 各 package を必要とする package のうちで、インストール
             されているもののリストを表示します。

     -m      もしあれば、各 package の mtree ファイルを表示します。

     -L      各 package に含まれるファイルを表示します。これは packing list を
             す。ファイルが現在のディレクトリに無い場合で、絶対パス指定でない
             場合、 which(1) を使用して PATH が検索されます

     -x      pkg-name を正規表現として扱い、名前が正規表現に適合する package
             の情報のみを表示します。複数の正規表現を指定可能です。この場合、
             リスト少なくともひとつの正規表現に適合する package を pkg_info は
             表示します。

     -e pkg-name
             pkg-name で示される package が現在インストールされている場合には
             0 を返し、そうでなければ 1 を返します。このオプションにより、スク
             リプトから (おそらく必要不可欠な) 他の package の存在を簡単に確認
             することが可能になります。

     -l str  各 information category header ( -q を参照) の前に str を付加しま
             す。これは本来、package に関する多くの information fields を一度
             に得たいが、そのごっちゃになった出力で混乱したくない、というフロ
             ントエンドプログラムのためにあります。このオプションで各 field の
             先頭に特別な文字列を付け加えることができます。

     -t template
             ``作業場所'' を作成する際に、 mktemp(3) への入力として template
             を用います。これはデフォルトでは /tmp/instmp.XXXXXX という文字列
             ですが、 /tmp ディレクトリの容量が制限されているような状況では変
             更する必要があるかもしれません。 mktemp(3) が一意の ID を用いるた
             めに必要な `X' の文字をいくつか残しておくことを忘れないでくださ
             い。
                   注: pkg_info は各 package からとても小さな情報しか抽出しな
                   いので、実際にはこのオプションは必要ありません。溢れさせる
                   には非常に小さな /tmp でなければならないでしょう。


技術詳細

     package の情報は、コマンドラインから指定された package のファイル名か、
     /var/db/pkg/<pkg-name> にあるすでにインストールされた package の情報から
     抽出されます。


環境変数

     PKG_TMPDIR で、 pkg_info が作業用ファイルを生成するディレクトリを指定しま
     す。この変数が設定されていない場合、 TMPDIR が用いられます。両方とも設定
     されていない場合、組み込みのデフォルトディレクトリが用いられます。

     PKG_DBDIR で、インストールされた package についての代替的なデータベースの
     位置を指定します。


ファイル

     /var/tmp     環境変数 PKG_TMPDIR, TMPDIR がともに設定されていない場合、も
                  しくはこれらのディレクトリの空き領域が十分でない場合に用いら
                  れます。
     /tmp         /var/tmp が存在しないか、十分な空き領域を持たない場合に、次
                  の選択肢として用いられます。
     /usr/tmp     /tmp が適切でない場合の最後の選択肢です。
     /var/db/pkg  インストールされた package についてのデータベースのデフォル

FreeBSD 4.4                    November 25, 1994                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス