pgped(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

pgped

前のページ 上に戻る 次のページ

pgped



SYNOPSIS

       pgped    [-alias aliasfile]   [-mhnproc program]   [-sign]
            [-nosign] [-encrypt] [-noencrypt]  [-mime]  [-nomime]
            file [-help]


DESCRIPTION

       こ のプログラムは PGP メールを送りたい場合に、メッセージを
       送る前に一度だけ実行します。

       最も典型的な使用例は、 compdistforw、そして repl コ マ
       ン ド が ド ラフトの編集を終了後に whatnow(1) を呼び出し、
       "What now?" プロンプトが出た所で、 `send' または `push' を
       打 つ 直 前 に  `edit pgped'   と して起動します。これによ
       り、pgpedPGP プログラムを呼び出し、ドラフト・ファイ ル
       を PGP 形式にします。 pgped は外部プログラムを呼び出してい
       るだけで、それ自身では何ら暗号処理はしていません。

       `-sign' オプションが指定されると、ドラフトは PGP により 電
       子署名が施されます。 `-encrypt' オプションが指定されると、
       ドラフトは PGP により暗号化されます。両方が指定された場 合
       は、 電子署名が施され、全体が暗号化されます。 `-nosign' と
       `-noencrypt' はそれぞれ、電子署名、暗号化を し な い 事 を
       pgped に指示します。なお、歴史的な理由により、コマンドライ
       ンのオプションが `-sign' ただ一つだけ指定された場合は、 電
       子署名をして暗号化はしないという意味になります。オプション
       が複数指定されている場合は、この法則は当てはめず、 `-sign'
       オプションは暗号化に関しては何の指定も行なわない事に注意し
       て下さい。

       電子署名や暗号化をする際は、差出人の公開鍵や秘密鍵及び、受
       取 人 の公開鍵を使用します。受取人の公開鍵を引き出すために
       は、受取人を特定する必要があり、このために、アドレス・ヘッ
       ダ ー に 於 け る エ イ リ ア スを展開する必要があります。
       `-alias aliasfile' オプションはこの時に使用するエ イ リ ア
       ス・ファイルを指定します。これは、メッセージを実際に送り出
       す時に send (1) に対して付けるものと同じものを指定して下さ
       い。なお、差出人の秘密鍵が必要な場合は、パスフレーズの入力
       が要求されます。この場合、リモートから安全でないネットワー
       ク経由でログインしている場合、パスフレーズが盗聴されるおそ
       れがあり、何のために PGP を使っているか分からなく な り ま
       す。この点、注意して下さい。

       `-nomime' オプションが指定されると、ドラフトは MH.6.8.4 形
       式の PGP メールになります。つまり、MIME 形式でないメールに
       電 子 署名のみが施された場合は text/pgp 形式に、ドラフトが
       MIME 形式であった場合や、暗号化を施した 場 合 は  applica-
       tion/pgp   形式になります。この形式は以前に Internet draft
       として公開されていた規格ですが、その後破棄されたようで RFC
       にはなっていません。

       `-mime' オプションが指定されると、ドラフトはマルチパートに
       よる PGP メール(RFC-2015 参照)になります。つまり、電子署名


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Aliasfile:           デフォルトのエイリアス・ファイル


SEE ALSO

       Security Multiparts for MIME:
         Multipart/Signed and Multipart/Encrypted (RFC-1847),
       MIME Security with Pretty Good Privacy (RFC-2015),
       pgp(1), comp(1), dist(1), forw(1), repl(1), whatnow(1)


DEFAULTS

       `-alias /usr/local/lib/mh/MailAliases'
       `-mhnproc mhn'
       `-sign'
       `-encrypt'
       `-mime'


CONTEXT

       無し。


HISTORY

       MH.6.8.4   付属の pgpedBShell 及び Safe_Tcl スクリプト
       で、ユーザーのプロファイルは見ませんでしたし、マルチパート
       の  PGP  にも対応してませんでした。 MH-plus project による
       pgped はバイナリ形式で、プロファイルを参照します。また、マ
       ルチパートの PGP にも対応しています。



[mh.6]                        MH.6.8                     PGPED(1)

ABELNET VPSサービス