objdump(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

objdump

前のページ 上に戻る 次のページ

objdump




書式

       objdump
              [-a|--archive-headers] [-b bfdname |
              --target=bfdname] [-C|--demangle] [--debugging]
              [-d|--disassemble] [-D|--disassemble-all]
              [--disassemble-zeroes]
              [-EB|-EL|--endian={big|little}] [-f|--file-headers]
              [-h|--section-headers | --headers] [-i|--info]
              [-j section | --section=section]
              [-l|--line-numbers] [-m machine |
              --architecture=machine] [-p|--private-headers]
              [--prefix-addresses] [-r|--reloc]
              [-R|--dynamic-reloc] [-s|--full-contents]
              [-S|--source] [--[no-]show-raw-insn] [--stabs]
              [-t|--syms] [-T|--dynamic-syms] [-x|--all-headers]
              [--start-address=address] [--stop-address=address]
              [--adjust-vma=offset] [--version] [--help]
              objfile...


解説

       objdump は一つ以上のオブジェクトファイルについて情報を表示
       し ま す。オプションで特にどの情報を表示するのかを制御しま
       す。この情報は、単にプログラムをコンパイルして動かす事を目
       的とするプログラマの対極にある、コンパイルツールの仕事をし
       ているプログラマにとって主に有用です。

       objfile...  で調べるオブジェクトファイルを指定します。アー
       カ イ ブ を指定した場合は、 objdump はメンバのオブジェクト
       ファイルそれぞれの情報を表示します。



オプション

       ここではオプションの長い形式と短い形式を一緒に記してあり、
       そ れらは等価です。少なくとも -l (--line-numbers) 以外のオ
       プションを一つは与える必要があります。


       -a

       --archive-headers
              objfile で指定された中にアーカイブがあれば、アー カ
              イ ブのヘッダ情報を (`ls -l' に似た形式で) 表示しま
              す。`ar tv' でリストされる情報に加えて、アーカイ ブ
              の 各 メ ンバのオブジェクトファイル形式を、`objdump
              -a' は表示します。


       --adjust-vma=offset
              情報をダンプする際に、まず offset をすべて の セ ク
              ショ ンのアドレスに加算します。これはセクションのア
              ドレスがシンボルテーブルと対応しない場合に 有 効 で

              では、Oasys のコンパイラで生成された形式の、VAX  の
              オ ブジェクトファイルであることが明示的に指定された
              (`-m')、ファイル `fu.o' のセクションヘッ ダ  (`-h')
              か ら の サマリ情報を表示します。指定可能な形式名は
              `-i' オプションでリストできます。


       -C

       --demangle
              シンボル名の内部表現をユーザレベルの表現にデコー ド
              (demangle) します。加えてシステムが付加した先頭のア
              ンダースコアも取り除くので、これによって C++ の関数
              名がわかりやすくなります。


       --debugging
              デ バッグ情報を表示します。ファイルに格納されている
              デバッグ情報を解析して C 言語風の表記で出力する事を
              試 みます。いくつかの種類のデバッグ情報に関してのみ
              実装されています。


       -d

       --disassemble
              objfile から、機械語に対応するアセンブラニーモ ニッ
              ク を表示します。このオプションでは機械語を含むはず
              のセクションだけを逆アセンブルします。


       -D

       --disassemble-all
              -d と同様ですが、すべてのセクションの内容を逆アセン
              ブ ルします。機械語を含むはずのセクションには限りま
              せん。


       --prefix-addresses
              逆アセンブル時に、各行に完全な形のアドレスを表示 し
              ます。これは古い逆アセンブル出力形式です。


       --disassemble-zeroes
              通常は逆アセンブル出力で 0 が連続する部分は飛ばされ
              ます。このオプションは逆アセンブラに、そういった 部
              分 も他のデータと同様に逆アセンブルするように指示し
              ます。


              objfile  の各ファイルのヘッダ全体からのサマリ情報を
              表示します。


       -h

       --section-headers

       --headers
              オブジェクトファイルのセクションヘッダからサマリ 情
              報を表示します。


       --help objdump のオプションのサマリを表示して終了します。


       -i

       --info -b または -m で指定できるアーキテクチャとオブジェク
              ト形式の名称をリストします。


       -j name

       --section=name
              name で指定したセクションの情報のみを表示します。


       -l

       --line-numbers
              表示に (デバッグ情報を使って) オブジェクトコード と
              対 応するファイル名とソースの行番号を含めます。 -d,
              -D, -r を指定した時にのみ有用です。


       -m machine

       --architecture=machine
              オブジェクトファイルを逆アセンブルする際のアーキ テ
              クチャを指定します。 S レコードのような、アーキテク
              チャ情報を持たないオブジェクトファイルを逆アセン ブ
              ル する場合に有効です。 -i オプションで、指定できる
              アーキテクチャ名をリストできます。


       -p

       --private-headers
              オブジェクトファイルフォーマットに固有な情報を表 示
              し ま す。 実際の情報は、オブジェクトファイルフォー
              マットに依存します。オブジェクトファイルフォー マッ
              ファ イ ル の実行時再配置情報を表示します。このオプ
              ションは、ある種の共有ライブラリなどのダイナミッ ク
              オブジェクトについてのみ意味があります。


       -s

       --full-contents
              指定されたセクションのすべての内容を表示します。


       -S

       --source
              可 能であればソースコードを逆アセンブルに混ぜて表示
              します。 -d を暗黙的に指定します。


       --show-raw-insn
              命令を逆アセンブルする際に、ニーモニックに加えて 機
              械語も 16 進数で表示します。この動作は --prefix-ad-
              dresses が指定されていない場合のデフォルトです。


       --no-show-raw-insn
              命令を逆アセンブルする際に、機械語を表示しませ ん。
              こ の 動 作は --prefix-addresses を指定した場合のデ
              フォルトです。


       --stabs
              ELF ファイルの .stabl, .stab.index, .stab.excl セク
              ショ ンの内容を表示します。 これは .stab デバッグシ
              ンボルテーブルのエントリが ELF セクションに格納され
              て いる (Solaris 2.0 のような) システムでのみ有用で
              す。他の大部分のファイル形式では、デバッグシンボ ル
              テ ーブルのエントリはリンケージシンボルに差し込まれ
              ていて、 --syms での出力で見ることができます。


       --start-address=address
              指定されたアドレスからデータの表示を開始します。 こ
              れは -d, -r, -s オプションの出力に影響します。


       --stop-address=address
              指 定されたアドレスでデータの表示を終了します。これ
              は -d, -r, -s オプションの出力に影響します。


       -t



       --version
              objdump のバージョン番号を表示して終了します。


       -x

       --all-headers
              得 られるすべてのヘッダ情報を表示します。シンボルテ
              ーブルと再配置情報も含まれます。`-x' の指定は、 `-a
              -f -h -r -t' のすべてを指定するのと等価です。



関連項目

       info  の `binutils' の項; The GNU Binary Utilities, Roland
       H. Pesch (October 1991); nm(1)



COPYING

       Copyright (c) 1991, 92, 93, 94,  95,  1996  Free  Software
       Foundation, Inc.

       This  document  is  distributed under the terms of the GNU
       Free Documentation License, version 1.1.  That license  is
       described  in  the sources for this manual page, but it is
       not displayed here in order to make this manual more  con-
       sise.   Copies  of this license can also be obtained from:
       http://www.gnu.org/copyleft/.






























































































































































































































































































日本語訳

       野首 寛高(hnokubi@yyy.or.jp): FreeBSD 用に翻訳




Free Software Foundation 5 November 1991               objdump(1)

ABELNET VPSサービス