nroff(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

nroff

前のページ 上に戻る 次のページ

nroff



書式

       nroff [ -h ] [ -i ] [ -mname ] [ -nnum ] [ -olist ] [ -p ]
             [ -rcn ] [ -t ] [ -S ] [ -Tname ] [ -U ] [ -v ]
             [ file... ]


解説

       nroff  は、groff を用いて nroff をエミュレートするスクリプ
       トです。 -T オプションには ascii,  latin1,  koi8-r,  utf8,
       cp1047  のみが有効です。無効なものを指定するか -T オプショ
       ンを指定しないと、 nroff は現在のロケールを調べて、デ フォ
       ルト出力デバイスを選択します。まず、 locale プログラムを試
       し、次に環境変数 LC_ALL, LC_CTYPE, LANG を試し、最終 的 に
       LESSCHARSET 環境変数を見ます。

       -h  オプションは grotty への -h オプションと等価です (すな
       わちタブを出力に使用します)。 -i, -n, -m, -o, -r オプ ショ
       ンは troff(1) に説明されている効果を持ちます。 -q, -s オプ
       ション ( troff には実装されていません) は無視され、エラ ー
       メッセージも表示されません。オプション -p (pic), -t (tbl),
       -S (より安全) と -U (安全でない) は groff に渡され ま す。
       -S  がデフォルトで渡されます。 -v バージョン番号を表示しま
       す。


環境変数

       GROFF_BIN_PATH
              コロン区切りのディレクトリリストで、PATH の前に、こ
              こから groff 実行形式を探します。これが設定されない
              場合、`/usr/bin' が使用されます。


       このシェルスクリプトは、基本的には man(1) での使用を意図し
       ていますので、警告は抑制されます。 (ファイル tty-char.tmac
       中の) nroff スタイルの文字定義もまた、印字不可能なグリフを
       エミュレートするためにロードします。


関連項目

       groff(1), troff(1), grotty(1)



Groff Version 1.17        26 April 2001                  NROFF(1)

ABELNET VPSサービス