nohup(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

nohup

前のページ 上に戻る 次のページ

nohup




解説

     nohup は SIGHUP シグナルを無視するように設定し、指定されたコマンドを指定
     された arguments 付で実行します。標準出力が端末の時、コマンドの出力はカレ
     ントディレクトリのファイル nohup.out に追加書き込みされます。標準エラー出
     力が端末の時も、標準出力と同様に処理されます。

     シェルによっては、本ユーティリティと似たまたは同じ、組み込みの nohup コマ
     ンドを提供しているものがあります。 builtin(1) マニュアルページを参照して
     ください。


環境変数

     nohup は以下の環境変数を参照します。

     HOME  カレントディレクトリにファイル nohup.out が作成できなかった場合、環
           境変数 HOME で示されたディレクトリに作成します。


診断

     nohup ユーティリティは次のいずれかの値で終了します:

     126     command は見付かりましたが、起動できませんでした。

     127     command が見付からなかったか、 nohup 内でエラーとなりました。

     その他の場合、 nohup の終了ステータスは command の終了ステータスとなりま
     す。


関連項目

     builtin(1), csh(1), signal(3)


規格

     nohup は IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 互換であるはずです。

FreeBSD 4.4                      July 19, 2001                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス