nm(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

nm

前のページ 上に戻る 次のページ

nm




書式

       nm     [-a|--debug-syms] [-g|--extern-only] [-B]
              [-C|--demangle] [-D|--dynamic] [-s|--print-armap]
              [-o|--print-file-name] [-n|--numeric-sort]
              [-p|--no-sort] [-r|--reverse-sort] [--size-sort]
              [-u|--undefined-only] [-l|--line-numbers] [--help]
              [--version] [-t radix|--radix=radix]
              [-P|--portability] [-f format|--format=format]
              [--target=bfdname] [objfile...]


解説

       GNU nm はオブジェクトファイル objfile からシンボルをリスト
       し ます。引数でオブジェクトファイルが与えられないと、nm は
       `a.out' を対象とします。



オプション

       長短形式の選択肢として、ここにあげてあるオプションは等価で
       す。


       -A

       -o

       --print-file-name
              入 力ファイルに含まれるすべてのシンボルの前に一度だ
              け入力ファイルを表示するのではなく、各シンボルの 前
              に それが含まれる入力ファイル名を表示します。


       -a

       --debug-syms
              デ バッガ専用シンボルを表示します; 通常それらはリス
              トされません。


       -B     --format=bsd と同じです (MIPS の nm との互換性の た
              めにあります)。


       -C

       --demangle
              低 レベルのシンボル名をユーザレベルの名前にデコード
              (demangle) します。さらにシステムが付加した先頭のア
              ンダスコアもすべて取り除くので、これによって C++ の
              関数名がわかりやすくなります。



       -g

       --extern-only
              外部シンボルだけを表示します。


       -n

       -v

       --numeric-sort
              シ ンボルを名前のアルファベット順ではなく、シンボル
              のアドレスで数値順にならべます。


       -p

       --no-sort
              シンボルの並べ替えを一切しません; 単に出て来た順 に
              表示します。


       -P

       --portability
              デフォルトの形式のかわりに POSIX.2 標準の出力形式を
              使います。 ``-f posix'' と等価です。


       -s

       --print-armap
              アーカイブのメンバのシンボルをリストする際に、イ ン
              デックスを含めます。インデックス (アーカイブ中に arranlib によって置かれます) とはどのモジュール に
              どの名前の定義が含まれているかの対応の事です。


       -r

       --reverse-sort
              (数値またはアルファベットによる) 並べ替えを逆順にし
              ます; 最後が最初に来るようにします。


       --size-sort
              シンボルをサイズで並べ替えます。サイズはシンボル の
              値 とその次に高位の値を持つシンボルの値の間の差分か
              ら計算されます。シンボルの値のかわりにサイズが表 示
              されます。


       -u

       --undefined-only
              未 定義シンボル (各オブジェクトファイルの外部シンボ
              ル) のみを表示します。


       -l

       --line-numbers
              各シンボルについて、デバッグ情報を使ってファイル 名
              と 行番号を見つけるよう試みます。定義されているシン
              ボルについては、シンボルのアドレスに対応する行番 号
              を 捜します。未定義のシンボルについては、そのシンボ
              ルを参照している再配置エントリの行番号を捜しま す。
              行 番号情報が見つけられたなら、他のシンボル情報の後
              に表示します。


       -V

       --version
              nm のバージョン番号を表示して終了します。


       --help nm のオプションのサマリを表示して終了します。



関連項目

       info の; `binutils' の項; The GNU Binary Utilities, Roland
       H. Pesch (October 1991); ar(1), objdump(1), ranlib(1).




COPYING

       Copyright (c) 1991, 2000 Free Software Foundation, Inc.

       This  document  is  distributed under the terms of the GNU
       Free Documentation License, version 1.1.  That license  is
       described  in  the sources for this manual page, but it is
       not displayed here in order to make this manual more  con-
       sise.   Copies  of this license can also be obtained from:
       http://www.gnu.org/copyleft/.






























































































































































































































































































日本語訳

       野首 寛高(hnokubi@yyy.or.jp): FreeBSD 用に翻訳




Free Software Foundation 5 November 1991                    nm(1)

ABELNET VPSサービス