nfsstat(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

nfsstat

前のページ 上に戻る 次のページ

nfsstat




解説

     nfsstat コマンドは、 NFS クライアントと NFS サーバの実行状況に関して、
     持っている統計を表示します。

     オプションは次の通りです:

     -c      クライアント側の情報のみを表示します。

     -M core
             名前のリストから値を取り出す際に、デフォルトの /dev/kmem のかわり
             に core を使います。

     -N system
             名前のリストを取り出す際に、デフォルトの /kernel のかわりに
             system を使います。

     -s      サーバ側の情報のみを表示します。

     -W      定期的な短いサマリに、幅広書式を使用します。 -c または -s と、遅
             延時間を組み合わせて指定したとき、本オプションは特に有用です。

     -w wait
             NFS のクライアントとサーバに関する実行状況の簡単なサマリを、 wait
             秒ごとに表示します。


関連ファイル

     /kernel    デフォルトのカーネルの名前リスト
     /dev/kmem  デフォルトのメモリファイル


関連項目

     fstat(1), netstat(1), ps(1), systat(1), sysctl(3), iostat(8), pstat(8),
     vmstat(8)


歴史

     nfsstat コマンドは 4.4BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス