netstat(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

netstat

前のページ 上に戻る 次のページ

netstat


     netstat [-gilns] [-f address_family] [-M core] [-N system]
     netstat -i | -I interface [-w wait] [-abdgt] [-M core] [-N system]
     netstat -s [-s] [-f address_family | -p protocol] [-M core] [-N system]
     netstat -i | -I interface -s [-f address_family | -p protocol] [-M core]
             [-N system]
     netstat -m [-M core] [-N system]
     netstat -r [-Aaln] [-f address_family] [-M core] [-N system]
     netstat -rs [-s] [-M core] [-N system]


解説

     netstat コマンドは、ネットワークに関連したさまざまな情報を、シンボル表示
     を交えてわかりやすく表示します。出力の形式は指定オプションによって何種類
     かにわかれます。第 1 の形式は、プロトコルごとのアクティブソケットの一覧で
     す。第 2 の形式は、選択したオプションによる、他のネットワークのデータ構造
     です。第 3 の形式は、コンフィギュレーションされているネットワークインタ
     フェースのパケットトラフィックを wait で指定したインターバル毎に継続して
     表示します。第 4 の形式は、指定したプロトコルまたはアドレスファミリに関
     し、統計情報を表示します。第 5 の形式は、指定したプロトコルまたはアドレス
     ファミリに関し、インタフェース毎の統計情報を表示します。第 6 の形式は、
     mbuf(9) の統計情報を表示します。第 7 の形式は、指定したアドレスファミリに
     関する経路表を表示します。第 8 の形式は、経路表の統計情報を表示します。

     本コマンドでは、以下のオプションを指定可能です。

     -A    デフォルトの表示では、ソケットと関係したすべてのプロトコル制御ブ
           ロックのアドレスが表示されます。通常これらはデバッグに用いられま
           す。

     -a    デフォルトの表示では、すべてのソケットの状態が表示されます。通常
           は、サーバプロセスで利用されているソケットは表示されません。ルー
           ティングテーブル表示時には (後述のオプション -r) プロトコル複製され
           た経路 (親経路を RTF_PRCLONING することによって生成された経路) を表
           示します。通常これらの経路は表示されません。

     -b    本オプションをネットワークインタフェース表示 (後述の -i オプション)
           と併用した場合には、入力、出力したバイト数を表示します。

     -d    本オプションをネットワークインタフェース表示 ( -i オプション、もし
           くは後述のインターバルオプション) と併用した場合には、欠落したパ
           ケット数を併せて表示します。

     -f address_family
           表示する統計情報あるいはアドレス制御ブロック情報を address family
           の指定に合致するアドレスファミリのものに限定します。アドレスファミ
           リについては、 inet が AF_INET (インターネットプロトコルファミリ)
           として、 inet6 が AF_INET6 として、 ipx が AF_IPX として、 atalk が
           AF_APPLETALK (ddp) (アップルトークプロトコル) として、 netgraph ま
           たは ng が AF_NETGRAPH として、 unix が AF_UNIX (UNIX ドメインプロ
           トコルファミリ) として解釈されます。

     -g    マルチキャスト (グループアドレス) ルーティングに関連した情報を表示
           します。デフォルトでは、IPマルチキャスト仮想インタフェースおよびル
           ンタフェースについて表示しますが、ブート時にコンフィギュレーション
           されていないものについては表示しません)。 -a オプションが同時に指定
           されている場合には、各イーサネットインタフェースおよび各 IP インタ
           フェースアドレスについて、現在使用されているマルチキャストアドレス
           が表示されます。マルチキャストアドレスは、各々対応するインタフェー
           スアドレスに続いて表示されます。 -s オプションが指定された場合、全
           インタフェースに関するインタフェース毎の統計情報を、指定した
           address_family または protocol, または全インタフェースに対し表示し
           ます。

     -L    様々な listen 待ち行列の大きさを表示します。 1 番目の数は、受け付け
           られなかった接続数です。 2 番目の数は、受け付けられなかった不完全な
           接続数の合計です。 3 番目の数は、待ち行列に繋がれた接続の最大数で
           す。

     -l    完全な IPv6 アドレスを表示します。

     -M    デフォルトで使用される /dev/kmem の代わりに指定した core から、ネー
           ムリストに関連する各値を取り出します。

     -m    メモリ管理ルーチンによって記録されているメモリ使用の統計情報を表示
           します。 (ネットワーク管理システムは、独自にメモリバッファを確保し
           ています)。

     -N    /kernel のかわりに、指定したカーネルモジュールからネームリストを取
           り出します。

     -n    ネットワークアドレスを数字で表示します (通常、 netstat コマンド
           は、IPアドレスを可能な限りホスト名などのシンボリックなものに置き換
           えようとします)。本オプションは、どのような表示形式の場合にも使用で
           きます。

     -p protocol
           protocol で指定したプロトコルについての統計情報を表示します。プロト
           コルとしては、よく知られている名称、もしくは別名定義されている名称
           を指定します。プロトコルのいくつかは /etc/protocols の中で定義され
           ています。特別なプロトコル名 ``bdg'' は、ブリッジの状態を表示するた
           めに使用します。プロトコルについて情報が表示されない場合は、通常、
           報告すべき有意な数値がないことを意味します。 protocol で指定したプ
           ロトコルが未知のものである場合、もしくはそのプロトコルの統計情報記
           録ルーチンがない場合には、プログラムはその旨メッセージを出します。

     -r    ルーティングテーブルを表示します。プロトコル複製された経路を表示す
           るには、 -a を使用してください。 -s オプションが同時に指定された場
           合には、ルーティングの統計情報について表示します。 -l も指定される
           と、 netstat はより多くの桁数があると過程し、最大転送単位 (``mtu'')
           もまた表示されます。

     -s    プロトコルごとの統計情報を表示します。このオプションが複数指定され
           た場合、カウンタの値が 0 のものは表示が抑制されます。

     -W    表示において、欄が溢れる場合でも、アドレスを縮めません。
     ついてさらに知りたい場合には、 inet(3) を参照して下さい。特にアドレスが指
     定されてない場合や、アドレスが ``ワイルドカード'' 指定されている場合に
     は、その部分のアドレスやポート番号のところには ``*'' が表示されます。

     インタフェース表示では、パケット転送、エラー、コリジョンに関する累積情報
     を見ることができます。また、インタフェースのネットワークアドレスおよび最
     大転送可能ユニットサイズ (``mtu'') も見ることができます。

     ルーティングテーブル表示では、利用可能な経路とその状態が表示されます。各
     経路は、到達先ホストもしくはネットワークと、パケットの転送 (forward) に使
     用されるゲートウェイから成ります。フラグフィールドは、ルーティングに関す
     る状態の集合が表示されます。フラグフィールドの各フラグについては、
     route(8) および route(4) を参照して下さい。表示される文字とフラグの間の対
     応は以下の通りです。

     1       RTF_PROTO1       ルーティングフラグ #1 にて特定されるプロトコル
     2       RTF_PROTO2       ルーティングフラグ #2 にて特定されるプロトコル
     3       RTF_PROTO3       ルーティングフラグ #3 にて特定されるプロトコル
     B       RTF_BLACKHOLE    破棄されるパケット
     b       RTF_BROADCAST    ブロードキャストアドレスを表現する経路
     C       RTF_CLONING      新しい経路を生成する
     c       RTF_PRCLONING    使用時に、プロトコル専用の新しい経路を生成する
     D       RTF_DYNAMIC      (リダイレクトによって) 動的に生成される
     G       RTF_GATEWAY      ゲートウェイ等による中継を必要としている到達先
     H       RTF_HOST         ホストエントリ (これ以外はネットワーク)
     L       RTF_LLINFO       アドレス変換を連動させられる正当なアドレス
     M       RTF_MODIFIED     (リダイレクトによって) 動的に変更される
     R       RTF_REJECT       到達不可能なホストもしくはネットワーク
     S       RTF_STATIC       手動で追加された
     U       RTF_UP           使用可能経路
     W       RTF_WASCLONED    クローンした結果として作成された経路
     X       RTF_XRESOLVE     外部の daemon がプロトコルからリンクアドレス変換を行なう

     直接到達可能な経路は、ローカルホストにアタッチされた各インタフェースごと
     に生成されます。このようなエントリのゲートウェイフィールドは、対外インタ
     フェースのアドレスを表します。 refcnt フィールドは、使用されている経路の
     現在数を示します。コネクション指向のプロトコルは、通常、コネクションの間
     じゅう単一の経路を保持します。他方で、コネクションレス型のプロトコルは、
     同じ到達先に対してパケットを送る場合にも、新たに経路を確保します。 use
     フィールドは、その経路を通って送られたパケット数を表示します。インタフェ
     ースエントリは、その経路用に用いられるネットワークインタフェースを表示し
     ます。

     netstat-w オプションと wait インターバル引数を与えられて起動された場
     合、ネットワークインタフェースに関連した統計情報を定期的に表示します。ほ
     とんど使われませんが、オプション指定なしで数字だけを netstat の引数として
     指定することもでき、本オプションと同様の動作をさせることができます。しか
     し、この使い方は過去との互換性のためにのみ存在します。デフォルトでは、本
     表示はすべてのインタフェースについてのサマリ情報からなります。 -I オプ
     ションを用いることで、特定のインタフェースの情報を表示させることが可能で
     す。

     エラーの概念については、定義が間違っています。

FreeBSD 4.4                      June 15, 2001                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス