ncplogout(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

ncplogout

前のページ 上に戻る 次のページ

ncplogout


     ncplogout [-c handle] /server:user


解説

     ncplogoutncplogin(1) によって生成されたコネクションを閉じるようスケ
     ジュールします。もしそのコネクションが他のプロセスで使用中であるなどの理
     由によりビジー状態であれば、使用中の最後のプロセスが終了した時点で閉じら
     れます。このコマンドは DOS の logout.exe コマンドと同等です。

     オプションは以下の通りです。

     -S server
             コネクションを識別する NetWare サーバの名称を指定します。アクティ
             ブなコネクションがひとつしかない場合は省略できます。

     -U user
             コネクションを識別するユーザ名です。アクティブなコネクションがひ
             とつしかない場合は省略できます。

     -c handle
             ハンドルでコネクションを閉じます。使用可能なハンドルのリストは次
             のコマンドで得られます:

                           ncplist c


歴史

     ncplogout ユーティリティが最初に登場したのは FreeBSD 4.0 です。


作者

     Boris Popov <bp@butya.kz>, <bp@FreeBSD.org>


バグ

     バグは作者に報告してください。

FreeBSD 4.4                   September 15, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス