mv(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mv

前のページ 上に戻る 次のページ

mv


     mv [-f | -i] [-v] source ... directory


解説

     1 番目の書式の場合、 mv ユーティリティは source オペランドで指定される名
     前のファイルの名前を、 target オペランドで指定される名前のデスティネー
     ションパスに変更します。最後に指定されるオペランドが既に存在するディレク
     トリの名前ではない場合にこの書式であるとされます。

     2 番目の書式の場合、各々の source オペランドで指定される名前のファイル
     を、 directory オペランドで指定される名前で既に存在するディレクトリの中の
     デスティネーションファイルに移動します。各々のオペランドに対応するデス
     ティネーションパスは、 ``最後のオペランド''と``スラッシュ''と``ファイルの
     パス名の最後の部分'' の結合によって生成されるパス名です。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -f    デスティネーションパスを上書きする前に、書き込みパーミッションがあ
           るなしにかかわらず、確認せず実行します。 ( -f オプションが指定され
           ると、それ以前の -i オプションは無視されます。)

     -i    すでに移動先に同名のファイルが存在する場合、実行してよいかどうか確
           認を標準エラー出力を使用して求めます。標準入力から `y' または `Y'
           で始まる文字列が入力されると、実行されます。 ( -i オプションが指定
           されると、それ以前の -f オプションは無視されます。)

     -v    mv を冗長にし、移動後にファイルを表示させます。

     source オペランドとデスティネーションパスがともにディレクトリである場合を
     除き、オペランドもしくはデスティネーションパスにディレクトリを指定するこ
     とは誤りです。

     デスティネーションパスが書き込み許可をしていない場合、 mv は、 -i オプ
     ションと同じように、ユーザの確認を求めます。

     mv は、通常、システムコール rename(2) を使ってファイルの移動をします。し
     かし、 rename(2) は、ファイルシステムを越えてファイルを移動することができ
     ません。このため、 sourcetarget が違うファイルシステム上の場合、 mv
     は、 cp(1)rm(1) を使って移動を行います。これは、次の結果と等価です。

           rm -f destination_path && \
           cp -pRP source_file destination && \
           rm -rf source_file


診断

     ユーティリティ mv は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了しま
     す。


関連項目

     cp(1), rm(1), symlink(7)


互換性

     -v は標準ではありませんし、スクリプト中での使用はお勧めしません。

ABELNET VPSサービス