mt(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mt

前のページ 上に戻る 次のページ

mt




解説

     mt は、磁気テープドライブへコマンドを与えるのに使われます。通常、 mt は要
     求された操作を一度だけ行います。操作によっては count で指定した回数だけ繰
     り返し実行できます。なお、 tapename は生の (ブロック型でない) テープデバ
     イスを指していなければなりません。

     使用可能なコマンドは下記のようになっています。コマンドの指定にあたって、
     一意に特定するのに必要なだけの文字数は与える必要があります。

     weof       テープの現在位置に count 個のファイル終端マークを書き込みま
                す。

     smk        テープの現在位置に count 個の位置決定マークを書き込みます。

     fsf        ファイル count 個分早送りします。

     fsr        レコード count 個分早送りします。

     fss        位置決定マーク count 個分早送りします。

     bsf        ファイル count 個分巻き戻します。

     bsr        レコード count 個分巻き戻します。

     bss        位置決定マーク count 個分巻き戻します。

     rdhpos     ハードウェアブロック位置を読み取ります。この機能をサポートしな
                いドライブもあります。報告されるブロック番号は、そのハードウェ
                ア固有のものです。 count 引数は無視されます。

     rdspos     SCSI 論理ブロック位置を読み取ります。この機能をサポートしない
                ドライブもあります。 count 引数は無視されます。

     sethpos    ハードウェアブロック位置を設定します。この機能をサポートしない
                ドライブもあります。 count 引数は、テープ移動先のハードウェア
                ブロックであると解釈されます。

     setspos    SCSI 論理ブロック位置を設定します。この機能をサポートしないド
                ライブもあります。 count 引数は、テープ移動先の SCSI 論理ブ
                ロックであると解釈されます。

     rewind     テープを巻き戻します (カウントは無視)。

     offline, rewoffl
                テープを巻き戻して、テープユニットをオフライン状態にします (カ
                ウントは無視)。

     erase      テープを消去します。カウント 0 は長い消去を無効にします。これ
                がデフォルトです。

     retension  テープのたるみを取ります (一度最後まで早送りして、また巻き戻し
                えば巻き戻し) に対し、最後に実行したコマンドとこれに関連した状
                態と存在すれば残りのカウントを、ドライバは格納します。本コマン
                ドは、この情報を引き出して表示します。可能であれば、ラッチした
                エラー情報もまたクリアします。

     blocksize  テープユニットに対してブロックサイズを指定します。零は可変長ブ
                ロックを意味します。

     density    テープユニットに対して密度を指定します。密度の符号化方式につい
                ては、下記を参照して下さい。密度の値は、 ``リファレンス'' 欄に
                応じた数字と文字列のどちらでも与えることができます。もし文字列
                が略記されていたら、表に書かれてある順番で調べていき、最初に合
                致した項目が使われます。与えられた文字列と正しい密度名称を調べ
                た結果が正確に合致しないのであれば、与えられた文字列がどう解釈
                されたかについて、通知メッセージが出力されます。

     geteotmodel
                現在の EOF ファイルマークモデルを、取得して表示します。モデル
                状態とは、テープが書き込まれる場合、書き込みクローズ時に何個の
                ファイルマークが書き込まれるかを表現します。

     seteotmodel
                現在の EOT ファイルマークモデルを、( count 引数に) 設定して表
                示します。典型的には、これはファイルマーク 2 個ですが、デバイ
                スによっては (典型的には QIC カートリッジドライブでは)、ファイ
                ルマークを 1 個だけ書き込み可能です。現在のところ、値は 1 また
                は 2 だけから選択可能です。

     eom        記録されたメディアの終端まで早送りします (カウントは無視)。

     eod        データの終端まで早送りします。 eom と同じです。

     comp       圧縮モードを指定します。現在、圧縮モードに指定可能な値はいくつ
                かあります:

                off        圧縮オフ
                on         圧縮オン
                none       off と同じ
                enable     on と同じ
                IDRC       IBM Improved Data Recording Capability 圧縮
                           (0x10)。
                DCLZ       DCLZ 圧縮アルゴリズム (0x20)。

                前記の認識される圧縮キーワードに加え、テープドライブが使用する
                圧縮アルゴリズムをユーザが数値で指定可能です。ほとんどの場合、
                単に圧縮を `on' にするだけで、ドライブがサポートしているデフォ
                ルトの圧縮アルゴリズムを有効にするという望ましい効果が得られま
                す。そうでない場合 ( status を見て、どの圧縮アルゴリズムを現在
                使用しているかを見てください)、サポートされている圧縮キーワー
                ド (上述) もしくは数値の圧縮値をユーザが手動で指定可能です。

     テープ名が与えられていないくて、かつ環境変数 TAPE が存在しない場合、 mt
        値     幅            トラック 密度          コード 型   リファレンス 注
                mm    in              bpmm       bpi
        0x01   12.7  (0.5)    9         32     (800)  NRZI  R   X3.22-1983   2
        0x02   12.7  (0.5)    9         63   (1,600)  PE    R   X3.39-1986   2
        0x03   12.7  (0.5)    9        246   (6,250)  GCR   R   X3.54-1986   2
        0x05    6.3  (0.25)  4/9       315   (8,000)  GCR   C   X3.136-1986  1
        0x06   12.7  (0.5)    9        126   (3,200)  PE    R   X3.157-1987  2
        0x07    6.3  (0.25)   4        252   (6,400)  IMFM  C   X3.116-1986  1
        0x08    3.81 (0.15)   4        315   (8,000)  GCR   CS  X3.158-1987  1
        0x09   12.7  (0.5)   18      1,491  (37,871)  GCR   C   X3.180       2
        0x0A   12.7  (0.5)   22        262   (6,667)  MFM   C   X3B5/86-199  1
        0x0B    6.3  (0.25)   4         63   (1,600)  PE    C   X3.56-1986   1
        0x0C   12.7  (0.5)   24        500  (12,690)  GCR   C   HI-TC1       1,6
        0x0D   12.7  (0.5)   24        999  (25,380)  GCR   C   HI-TC2       1,6
        0x0F    6.3  (0.25)  15        394  (10,000)  GCR   C   QIC-120      1,6
        0x10    6.3  (0.25)  18        394  (10,000)  GCR   C   QIC-150      1,6
        0x11    6.3  (0.25)  26        630  (16,000)  GCR   C   QIC-320      1,6
        0x12    6.3  (0.25)  30      2,034  (51,667)  RLL   C   QIC-1350     1,6
        0x13    3.81 (0.15)   1      2,400  (61,000)  DDS   CS  X3B5/88-185A 5
        0x14    8.0  (0.315)  1      1,703  (43,245)  RLL   CS  X3.202-1991  5
        0x15    8.0  (0.315)  1      1,789  (45,434)  RLL   CS  ECMA TC17    5
        0x16   12.7  (0.5)   48        394  (10,000)  MFM   C   X3.193-1990  1
        0x17   12.7  (0.5)   48      1,673  (42,500)  MFM   C   X3B5/91-174  1
        0x18   12.7  (0.5)  112      1,673  (42,500)  MFM   C   X3B5/92-50   1
        0x1C    6.3  (0.25)  34      1,654  (42,000)  MFM   C   QIC-385M     1,6
        0x1D    6.3  (0.25)  32      1,512  (38,400)  GCR   C   QIC-410M     1,6
        0x1E    6.3  (0.25)  30      1,385  (36,000)  GCR   C   QIC-1000C    1,6
        0x1F    6.3  (0.25)  30      2,666  (67,733)  RLL   C   QIC-2100C    1,6
        0x20    6.3  (0.25) 144      2,666  (67,733)  RLL   C   QIC-6GB(M)   1,6
        0x21    6.3  (0.25) 144      2,666  (67,733)  RLL   C   QIC-20GB(C)  1,6
        0x22    6.3  (0.25)  42      1,600  (40,640)  GCR   C   QIC-2GB(C)   ?
        0x23    6.3  (0.25)  38      2,666  (67,733)  RLL   C   QIC-875M     ?
        0x24    3.81 (0.15)   1      2,400  (61,000)        CS  DDS-2        5
        0x25    3.81 (0.15)   1      3,816  (97,000)        CS  DDS-3        5
        0x26    3.81 (0.15)   1      3,816  (97,000)        CS  DDS-4        5
        0x27    8.0  (0.315)  1      3,056  (77,611)  RLL   CS  Mammoth      5
        0x28   12.7  (0.5)   36      1,491  (37,871)  GCR   C   X3.224       1
        0x29   12.7  (0.5)
        0x2A
        0x2B   12.7  (0.5)    3          ?        ?     ?   C   X3.267       5

        コード  意味                                    型      意味
        ----------------                                ----------------
        NRZI    非 0 復帰、1 で変更                     R       リールトゥリール
                (Non Return to Zero, change on ones)    C       カートリッジ
        GCR     グループ符号記録                        CS      カセット
                (Group Code Recording)
        PE      位相符号化
                (Phase Encoded)
        IMFM    反転修正周波数変調
                (Inverted Modified Frequency Modulation)
        MFM     修正周波数変調


環境変数

     次の環境変数が存在すれば、 mt に利用されます。

     TAPE        引数 tapename が与えられていない時、 mt は TAPE 環境変数を調
                 べます。


ファイル

     /dev/*rwt*         QIC-02/QIC-36 磁気テープインタフェース
     /dev/*rsa[0-9]*    SCSI 磁気テープインタフェース


関連項目

     dd(1), ioctl(2), mtio(4), sa(4), wt(4), environ(7)


歴史

     mt コマンドは 4.3BSD で登場しました。

     st(4) ドライバに関する拡張部分は st(1) コマンドとは別のものとして 386BSD
     0.1 で登場し、 mt コマンドに FreeBSD 2.1 で含められました。

     weof と同義のコマンドであった eof コマンドは FreeBSD 2.1 で破棄されまし
     た。なぜなら、しばしば eom との混乱があり、非常に危険だったためです。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス