msh(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

msh

前のページ 上に戻る 次のページ

msh



SYNOPSIS

       msh    [-prompt string]    [-scan]   [-noscan]   [-topcur]
            [-notopcur] [file] [-help]


DESCRIPTION

       mshpackf された形式の単一ファイルを操作する対話的プ ロ
       グラムで、通常の MH コマンド(の一部)が使えるようになってい
       ます。標準の MH 形式は、一つ一つのファイルが一つのメッセー
       ジであり、そういう形式の多数のファイルを扱うというものです
       が、それに対して、 msh は、一つのファイルに多数のメッセ ー
       ジが含まれており、そういう一つのファイルを扱うという場合に
       使われます。 msh の主な利点は、通常の MH 形式では、一つ の
       ファイルに複数のメッセージが含まれているというものを許して
       ないという点です。この事から、msh は電子掲示板を読むのに理
       想的だと言えます。これらのファイルは配送システムによって、
       この形式で配布されるからです。加えて、msh は一つにまとめら
       れたメッセージ(packf (1) 参照)のような他の形式にも使うこと
       が出来ます。最後に、mshMH の優れた案内者です。使えるコ
       マンドは MH コマンドだけなので、 MH 初心者は MH のコマンド
       がどういう構成になっているかや、それらの意味するものに集中
       する事が出来ます。

       呼び出されると、msh は指定のファイルを読み、コマンド・ルー
       プに入ります。ユーザーは通常の MH コマンドのほとんどを打ち
       込 む事が出来ます。これら msh に打ち込まれるコマンドの文法
       や意味は、対応する MH コマンドと同じです。 msh にそぐわ な
       い指定をした場合(例えば、いくつかのコマンドで `+folder' を
       指定した場合)には、当然 msh はユーザーにその旨を伝えます。
       msh  が現在対応しているコマンド(いくつかは、わずかに変更さ
       れていたり、形式に制限があったりしますが)は、つぎの通り で
       す。

            ali
            burst
            comp
            dist
            folder
            forw
            inc
            mark
            mhmail
            mhn
            msgchk
            next
            packf
            pick
            prev
            refile
            repl
            rmm
            scan
            send

       す。

       `-prompt string' オプションは msh のプロンプト文字列を設定
       します。

       msh が実行するコマンドに対しては、通常と別の MH プロファイ
       ルを使いたいと思うかも知れませんが、それ に 関 す る 詳 細
       は、mh-profile (5) の環境変数 $MH の部分を参照して下さい。

       bbc から呼び出された場合は、次の二つの特別な仕様が可能にな
       り ます。まず、 `-scan' オプションを付けると、msh の起動時
       にもし電子掲示板に新しい記事があった場合、`scan unseen' を
       実 行します。 bbc は unseen を正しく設定をするので、この仕
       様は bbc からの使用に最適です。第二に、 msh 内の mark コマ
       ン ド は、電子掲示板を読んでいる時は特別な振舞いをします。
       msh は実際にどの記事を読んだかを決める際に、 "unseen" シー
       ケンスを見るからです。 msh が終了する時、この情報が bbc に
       報告されます。加えて、mark コマンドに引数を与えなかった 場
       合、msh                   は        そ        れ        を
       `mark -sequence unseen -delete -nozero all' と解釈します。
       従っ て、現在読んでいる電子掲示板の全ての記事を捨てる(既に
       読んだ事にする)場合、単に mark コマンドを引数無しで使う と
       いいでしょう。

       通 常、msh に於いては、"exit" コマンドは "quit" コマンドと
       同じです。しかし、bbc から実行された場合、"exit" は全て の
       メッセージを既読にしてから "quit" します。打ち込みを速くす
       るために、このコマンドはしばしば "e" と省略されます。

       vmh から呼び出された場合、別の特別な仕様が可能になります。
       `topcur'  オプションをつけると、msh はカレント・メッセージ
       を vmh の一覧ウィンドーの一番上の行に持っ て 来 ま す。 通
       常、msh はカレントメッセージをウィンドーの真中に持って来ま
       す (デフォルトの `-notopcur' の場合)。

       msh は出力リダイレクトに対応しています。 msh 内でコマン ド
       を打つ際には、次のうちの一つが続いても構いません。

            > file     file に書き出す
            >> file    file に追加書き込みする
            | command  UNIX コマンド command にパイプ出力する

       file が ` ' (チルダ) で始まっている場合、 csh 風の展開が行
       なわれます。 commandsh (1) によって解釈されます。

       なお、msh はヒストリ置換、変数置換、別名置換には対応してい
       ません。

       コ マ ンドからリダイレクト記号の左側までを解釈する際、 msh
       は `\' (バックスラッシュ) を次の文字をクォートする記号とし
       て考え、 `"' (ダブルクォート) を語をクォートする区切りと考
       えます。その他の入力された語は全て、ホワイトスペース(ス ペ


DEFAULTS

       `file'               デフォルトは "./msgbox"
       `-prompt (msh) '
       `-noscan'
       `-notopcur'


CONTEXT

       無し。


BUGS

       `-prompt' に対する引数は、msh を呼び出すシェルにとって一語
       として解釈される形でなければなりません。従って、通常、この
       オプションに対する引数はダブル・クォートで囲まれなければな
       りません。

       msh が扱える packf された形式のファイルには、一つのファ イ
       ルに含まれるメッセージ数に厳格な上限があります。通常、この
       上限は 1000 メッセージです。

       mshCShell ではない事を忘れないで下さい。そして、後者に
       用意された素晴らしい仕様の多くは、前者には用意されていない
       事を忘れないで下さい。

       特に、msh はバッククォートを理解できません。従って、msh 内
       の  pick に効果的な唯一の方法は常に `-seq select' オプショ
       ンを使うことです。賢い MH ユーザーなら、pick が通常の シェ
       ルでも msh でも同じように働くように、以下の行

            pick: -seq select -list

       を自分の .mh_profile に書いている事でしょう。

       sortm は "-textfield field" が "-limit 0" で使われた場合、
       常に "-noverbose" がつきます。

       msh プログラムは、MH コマンド自身が持っているバグのほと ん
       ど (全てではないでしょうが)を継承しています。



[mh.6]                        MH.6.8                       MSH(1)

ABELNET VPSサービス