msgchk(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

msgchk

前のページ 上に戻る 次のページ

msgchk



SYNOPSIS

       msgchk    [-date]    [-nodate]   [-notify all/mail/nomail]
            [-nonotify all/mail/nomail] [-host host] [-user user]
            [-apop]   [-noapop]   [-rpop]  [-norpop]  [users ...]
            [-help]


DESCRIPTION

       msgchk はあなた宛の知られている全てのメー ル ド ロッ プ を
       チェックします。メールがたまっているメールドロップに対して
       は、前にそのメールを読んだ事があると思われるかどうかを表示
       します。

       `-notify type' オプションは、msgchk がどういう場合に情報を
       表示すべきかを指示します。デフォルトは `-notify all'  で、
       これは msgchk がユーザーのメールドロップの状態を常に表示す
       る事を意味します。 `type' に関する他の値として、 `mail' の
       場 合、msgchk  はメールが溜った状態を報告します。 `nomail'
       はメールが空の状態を報告します。 `-nonotify type' オプショ
       ン は逆の意味であり、 `-nonotify all' はメールドロップの状
       態を常に報告しません。これはユーザーが msgchk の終了コード
       だけを知りたい時に有用です。終了コードがゼロでない場合は、
       指定されたユーザの少なくとも一つでメールがたまっていない事
       を意味します。

       `-date' オプションをつけると、もし msgchk が何かを書き出す
       場合には、分かる限り、メールが読まれた最後の日付を表示する
       ようにします。

       も しローカルホストが POP クライアントとして設定されている
       場合、もしくは `-host host' オプションが与えられた場合は、
       msgchk は、たまったメールの状態に関して POP サーバーに聞き
       に行きます。もし `-user user' オプションが指定されてない場
       合 は、現在のユーザー名が使われます。通常、msgchk は使用す
       るパスワードを聞いてくるでしょう。もし `-apop' オプショ ン
       が指定された場合、 msgchk は元となる認証に対し、認証クリデ
       ンシャルを作成します。これにより、パスワードをネットワーク
       上に平文で流しません。そうでなく、`-rpop' オプションが指定
       された場合、 msgchk は信頼される接続を使おうと 試 み ま す
       (BSD の r-コマンド風)。


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル
       /usr/local/lib/mh/mtstailor         テイラー・ファイル
       /var/mail/$USER                     メールドロップの位置


PROFILE COMPONENTS

       無し。


SEE ALSO

       Post Office Protocol - Version 3 (RFC-1939),
       inc(1)


ABELNET VPSサービス