mptable(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mptable

前のページ 上に戻る 次のページ

mptable




解説

     mptable コマンドは Intel(tm) MP 規格に適合したマザーボード上の MP 設定表
     を見つけて分析します。このコマンドはブートしない SMP カーネルをデバッグに
     便利です。また、システム構成の確認にも便利です。単一プロセッサカーネルに
     おいても動作します。

     このコマンドは root として実行する必要があります。

     以下のオプションが存在します。

     -dmesg  dmesg ダンプを含みます。

     -grope  場所を探しますが、必要ないはずであり、最後にやむを得ず行なうにと
             どめるべきです。

     -help   使い方を表示して終了します。

     -verbose
             余分な情報も表示します。


関連項目

     smp(4), dmesg(8)


歴史

     mptable コマンドは FreeBSD 3.0 において初めて登場しました。


作者

     Steve Passe <fsmp@FreeBSD.org>

FreeBSD 4.4                     April 28, 1997                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス