mklocale(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mklocale

前のページ 上に戻る 次のページ

mklocale


     mklocale [-d] -o language/LC_CTYPE src-file


解説

     mklocale ユーティリティは標準入力から LC_CTYPE のソースファイルを読み込
     み、 /usr/share/locale/language/LC_CTYPE に置くのに適した LC_CTYPE のバイ
     ナリファイルを標準出力へ書き出します。

     src-file のフォーマットは非常に単純です。キーワードから始まり、それに付随
     するデータが続く複数の行から構成されます。ファイル中にコメントを書く場合
     は、 C のスタイルのコメントを使用することができます。

     次のオプションを使用可能です:

     -d      デバッグ用メッセージを有効にします。

     -o      出力ファイルを指定します。

     後述するキーワードの他に、 src-file の中で有効なトークンとして以下のもの
     があります。

     RUNE     RUNE は以下のいずれかです。

              'x'          ASCII 文字の x'\x'         ANSI 文字の \x 。ここで、 \x は \a, \b, \f, \n, \r,
                           \t, \v のいずれかになります。

              0x[0-9a-z]*  rune コードを表す16進数です。

              0[0-7]*      rune コードを表す8進数です。

              [1-9][0-9]*  rune コードを表す10進数です。

     STRING   ダブルクォーテーション (") で囲まれた文字列です。

     THRU     ... か - のいずれかで、範囲を示すために使われます。

     literal  以下の文字は文字通りに解釈されます。

              <([  マッピングを開始します。これらは全て同じ意味を持ちます。

              >)]  マッピングを終了します。これらは全て同じ意味を持ちます。

              :    マッピング中の区切り文字として使用されます。

     ソースファイル中に一度のみ現れるキーワードには以下のものがあります。

     ENCODING   これに続く STRING トークンによって、作成中の locale にて使われ
                るエンコーディング機構を指定します。現在指定できるエンコーディ
                ングとして以下のものがあります。

                NONE  変換を行ないません。デフォルトのエンコーディングです。
                rune を指定します。

     以下のキーワードは複数回指定でき、次の形式を取ります。

           <RUNE1 RUNE2>               RUNE1 が RUNE2 にマップされます。

           <RUNE1 THRU RUNEn: RUNE2>   RUNE1 から RUNEn の rune が RUNE2 から
                                       RUNE2 + n-1 にマップされます。

     MAPLOWER   小文字への変換マッピングを定義します。 RUNE2 は RUNE1 の小文字
                表現となります。

     MAPUPPER   大文字への変換マッピングを定義します。 RUNE2 は RUNE1 の大文字
                表現となります。

     TODIGIT    rune からその数値へのマッピングを定義します。 RUNE2 は RUNE1
                の整数値表現となります。例えば、ASCII 文字の `0' は 10進数の 0
                にマップされます。 255 以下の値のみが指定可能です。

     以下のキーワードは複数回指定でき、次の形式を取ります。

           RUNE              この rune はキーワードによって定義された属性を持
                             ちます。

           RUNE1 THRU RUNEn  RUNE1 と RUNEn を含む、この間に指定された全ての
                             rune はキーワードによって定義された属性を持ちま
                             す。

     ALPHA      アルファベットで表示可能な文字である rune を定義します。

     CONTROL    制御文字である rune を定義します。

     DIGIT      10 進数字で表示可能な文字である rune を定義します。

     GRAPH      表示可能な文字である rune を定義します。

     LOWER      小文字で表示可能な文字である rune を定義します。

     PUNCT      句読点で表示可能文字な rune を定義します。

     SPACE      スペース文字である rune を定義します。

     UPPER      大文字で表示可能な文字である rune を定義します。

     XDIGIT     16 進数字で表示可能な文字である rune を定義します。

     BLANK      空白文字である rune 定義します。

     PRINT      表示可能な rune を定義します。

     IDEOGRAM   表意記号 (訳註:7, = & などの記号) で表示可能な文字である rune
                を定義します。

FreeBSD 4.4                     April 18, 1994                     FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス