mkfifo(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mkfifo

前のページ 上に戻る 次のページ

mkfifo




解説

     mkfifo コマンドは、指定された名前で、指定された順に FIFO パイプをつくりま
     す。

     オプションは次の通りです:

     -m      作成する FIFO のファイルパーミッションビットを指定したモードに
             し、呼び出し元プロセスの umask(2) を無視します。モード引数は、
             chmod(1) コマンドに指定可能な任意の書式を取ります。シンボル形式の
             モードが指定された場合、オペランドシンボル ``+'' (プラス) と
             ``-'' (ハイフン) は、初期モード ``a=rw'' に対する相対として解釈さ
             れます。

     -m オプションが指定されないと、 0666 を呼び出し元プロセスの umask(2) で修
     正したモードで FIFO を作成します。 mkfifo コマンドには、親ディレクトリに
     書き込みパーミッションが必要です。


診断

     ユーティリティ mkfifo は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了
     します。


規格

     mkfifo コマンドは、 IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 準拠であると考えられて
     います。


関連項目

     mkdir(1), rm(1), mkfifo(2), mknod(2), mknod(8)


歴史

     mkfifo は 4.4BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                     January 5, 1994                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス