mkdir(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mkdir

前のページ 上に戻る 次のページ

mkdir




解説

     mkdir は、オペランドで指定されたディレクトリを作成します。作成する順番は
     指定された順番です。作成されるディレクトリのパーミッションは、 rwxrwxrwx
     (0777) に umask(2) の修正を加えたものです。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -m mode
             作成されるディレクトリのパーミッションを指定します。 mode の書式
             は chmod(1) コマンドと同じです。シンボリック形式で指定する場合、
             ``+'' および ``-'' は、最初のパーミッションが ``a=rwx'' であるも
             のとして解釈されます。

     -p      必要に応じて途中のディレクトリを作成します。このオプションが指定
             されていない場合には、 directory_name で指定するパスの途中のディ
             レクトリは既に存在している必要があります。また、本オプションを指
             定時には、オペランドとして指定したディレクトリが既に存在しても、
             エラーは報告されません。途中に作成されるディレクトリのパーミッ
             ションは、 rwxrwxrwx (0777) に現在の umask の修正を加えたものに、
             所有者に対する書き込みと検索パーミッションが加わった値となりま
             す。

     -v      ディレクトリ作成時に冗長になり、作成時にこれを表示します。

     ユーザは親ディレクトリに対する書き込みパーミッションを持っている必要があ
     ります。


診断

     ユーティリティ mkdir は、成功すると 0 で、エラーがあった場合は >0 で終了
     します。


関連項目

     rmdir(1)


互換性

     -v オプションは非標準であり、スクリプト中での使用は非推奨です。


規格

     mkdir ユーティリティは IEEE Std 1003.2 (``POSIX.2'') 互換です。


歴史

     mkdir コマンドは Version 1 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                    January 25, 1994                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス