mkdep(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mkdep

前のページ 上に戻る 次のページ

mkdep




解説

     mkdep は C コンパイラへのフラグと C のソースファイルリストを引数にとり、
     インクルードファイルの依存関係リストを構築し、ファイル ``.depend'' に書き
     出します。例えば Makefile においては以下のように用いられます:

           CFLAGS= -O -I../include
           SRCS= file1.c file2.c

           depend:
                   mkdep ${CFLAGS} ${SRCS}

     ここでマクロ SRCS は C のソースファイルのリストであり、 CFLAGS は C コン
     パイラへ与えるフラグのリストです。

     ユーザは、使用するプリプロセッサとプリプロセッサオプションを変更可能で
     す。例えば、gcc をプリプロセッサとして使用し、システムのヘッダを無視する
     には、次のようにします:

           depend:
                   env MKDEP_CPP="gcc -E" MKDEP_CPP_OPTS=-MM mkdep \
                           ${CFLAGS} ${SRCS}

     オプションは以下の通りです:

     -a      結果を出力ファイルに追加します。これにより同一の Makefile から
             mkdep を複数回実行することができます。

     -f      インクルードファイル依存関係を、デフォルトの ``.depend'' ではな
             く、ファイル file に書き出します。

     -p      依存関係を以下の形式で出力します:

                   program: program.c

             これにより、後続の make は中間ファイル .o を経ることなく、直接 C
             のソースモジュールから program を生成することができるようになりま
             す。この機能は、ソースが単一のモジュールから構成されているプログ
             ラムに便利です。


関連項目

     cc(1), cpp(1), make(1)


関連ファイル

     .depend  依存関係リストを含むファイル


環境変数

     CC              使用する C コンパイラを指定します。指定されたコンパイラ
                     は、 GNU C コンパイラと一貫性のあるオプションを持つと仮定
                     されます。

     MKDEP_CPP       使用するプリプロセッサを指定します。デフォルトは "${CC}

ABELNET VPSサービス