mk_cmds(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mk_cmds

前のページ 上に戻る 次のページ

mk_cmds




解説

     mk_cmds ユーティリティはコマンドテーブルファイルを入力とし、サブシステム
     ライブラリ libss と組み合わせて使用することを意図した C ソースファイルを
     出力します。このソースファイルは自動的に <ss/ss.h> をインクルードします。

     指定するテーブルファイルは次の書式です:

     command_table name_of_table

     keyword ss_command_name, "description_of_command", command_binding
     [,command_binding];

     keyword ss_command_name, "description_of_command", command_name,
     (dont_option [, dont_option]);

     end;

     keyword は次のいずれか 1 つです:

     request        リクエスト可能なコマンド
     unimplemented  実装されていないコマンド

     dont_option は次のいずれか 1 つです:

     dont_list       コマンドを列挙しません
     dont_summarize  コマンドをコマンドサマリに列挙しません


使用例

     request ss_testfunction, "This is the explanation for testfunction",
     testfunction, tf;

     request ss_anothertest, "This is the explanation for anothertest", anoth-
     ertest, (dont_list, dont_summarize);

     unimplemented ss_lasttest "This is the explanation for lasttest",
     lasttest, lt;


歴史

     mk_cmds ユーティリティは MIT Student Information Processing Board が記述
     し、 FreeBSD 2.0.5 以前に登場しました。


作者

     本マニュアルページは Jeroen Ruigrok van der Werven <asmodai@wxs.nl> が書
     きました。

FreeBSD 4.4                    November 14, 1999                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス