mhpath(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mhpath

前のページ 上に戻る 次のページ

mhpath



SYNOPSIS

       mhpath [+folder] [msgs] [-help]


DESCRIPTION

       mhpath  は、メッセージリスト `msgs' を展開し、ソートし、そ
       のメッセージの絶対パスを一行ごと分割して、標準出力に出力し
       ます。もし `msgs' が指定されなかった場合、 mhpath はフォル
       ダ自身の絶対パスを出力します。もし引数が `+' である場 合、
       ユ ーザーの MH の Path (MH ディレクトリ)が出力されます。こ
       れはシェルスクリプトで有用です。

       mhpath は、他の MH コマンドと一緒に使われる際、しばし ば、
       書き込みを意図して使われるかも知れません。このために、

       1)   mhpath    の 予 約 メッ セ ー ジ 名("first"、"last"、
       "prev"、"next"、"cur"、そして "all")に "new" という名前 が
       追 加されています。 new メッセージはフォルダ内の last メッ
       セージの次と同じです (メッセージが何もないフォルダに於いて
       は  1 です)。 "new" メッセージはメッセージの範囲の一部とし
       ては使えません。

       2) メッセージのリストの中で、存在しないメッセージを次の も
       の は 指し示しているかもしれません。単独の数字のメッセージ
       名、単独のメッセージ名 "cur"、そして、(明らかに)単独のメッ
       セージ名 "new"。他の全てのメッセージは少なくとも一つの存在
       するメッセージを指し示します。

       3) 空のフォルダはそれ自身ではエラーにはなりません。

       範囲指定の一部として指定された、フォルダ内に存在する一番大
       き な 番号よりさらに大きなメッセージ番号は、次の空いている
       メッセージ番号と置き換わります。

       例: カレント・フォルダ foo に 3 5 6 というメッセージ が あ
       り、カレント・メッセージが 4 の時。

            % mhpath
            /r/phyl/Mail/foo

            % mhpath all
            /r/phyl/Mail/foo/3
            /r/phyl/Mail/foo/5
            /r/phyl/Mail/foo/6

            % mhpath 2001
            /r/phyl/Mail/foo/7

            % mhpath 1-2001
            /r/phyl/Mail/foo/3
            /r/phyl/Mail/foo/5
            /r/phyl/Mail/foo/6

            no messages in range "1-2".

            % mhpath first:2
            /r/phyl/Mail/foo/3
            /r/phyl/Mail/foo/5

            % mhpath 1 2
            /r/phyl/Mail/foo/1
            /r/phyl/Mail/foo/2

       mhpath はバック・クォート処理においても有用です。

            % cd `mhpath +inbox`

            % echo `mhpath +`
            /r/phyl/Mail


FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める
       Current-Folder:      デフォルトのカレント・フォルダを示す


SEE ALSO

       folder(1)


DEFAULTS

       `+folder'            デフォルトはカレント・フォルダ
       `msgs'               デフォルトは無し


CONTEXT

       無し。


BUGS

       全 て の MH コマンドと同じように、 mhpath は [msgs] を展開
       し、ソートします。だから、501 を 500 に移動させるのに、

            mv `mhpath 501 500`

       とは出来ません。逆になるからです。しかし、

            mv `mhpath 501` `mhpath 500`

       ならうまく行きます。

       範囲外であるメッセージ番号 0 番は、範囲外である大きな メッ
       セージ番号よりも、もっと厳しく取り扱われます。



[mh.6]                        MH.6.8                    MHPATH(1)

ABELNET VPSサービス