mhparam(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mhparam

前のページ 上に戻る 次のページ

mhparam



SYNOPSIS

       mhparam  [components]  [-all]  [-component] [-nocomponent]
            [-help]


DESCRIPTION

       mhparam は、指定されたプロファイル・コンポーネントの値を改
       行で区切って、標準出力に書き出します。もし、そのプロファイ
       ル・コンポーネントがなかった場合、デフォルトの値が書き出さ
       れます(デフォルトがない場合は何も書きません)。

       もし複数のコンポーネントが `components' リストで指定された
       場合、そのコンポーネントの値はコンポーネント名を前に付けた
       形 で表示されます。もし、`-component' が指定されると、たと
       え一つだけのコンポーネントが指定された場合でも、コンポーネ
       ント名が表示されます。 `-nocomponent' が指定されると、たと
       え、複数のコンポーネントが指定されていても、コンポーネント
       名は表示されません。

       も し `-all' が指定されると、MH プロファイルの中の全てのコ
       ンポーネントが表示され、その他の引数は無視されます。

       例:

            % mhparam path
            Mail

            % mhparam mhlproc
            /usr/local/lib/mh/mhl

            % mhparam -component path
            Path:       Mail

            % mhparam AliasFile rmmproc
            AliasFile:  aliases
            rmmproc:    rmmproc

            % mhparam -nocomponent AliasFile rmmproc
            aliases
            rmmproc

       mhparam はバック・クォート処理においても有用です。

            % fgrep cornell.edu `mhpath +`/`mhparam aliasfile`



FILES

       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


SEE ALSO

       mh-profile(5)


DEFAULTS



ABELNET VPSサービス