mhmail(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mhmail

前のページ 上に戻る 次のページ

mhmail



SYNOPSIS

       mhmail    [    addrs ...    [-body text]   [-cc addrs ...]
            [-from addr] [-subject subject]] [-help]


DESCRIPTION

       mhmail は、標準の Bell mail プログラム(bellmail (1))を  MH
       との互換性をおいた上で、置き換える事を意図したものです。引
       数無しで起動すると、単にユーザーのメールドロップから新しい
       メッ セージを引き出すために inc (1) が呼ばれます。一つ以上
       のアドレスが指定されると、メッセージを標準入力から読みとっ
       て、一時ファイルにため、その後 mhmail は指定されたアドレス
       にメッセージを配送するために、その一時ファイル名を引数に指
       定して post (8) を呼びます。

       `-subject subject'   オ プ ショ ンはメッセージ・ヘッダーの
       "Subject:" 行を指定するために使えます。`-body text'  オ プ
       ションはメッセージの本文を指定するために使え、もし指定され
       れば標準入力は読まれません。通常、引数として指定されたアド
       レスはヘッダーの "To:" 行に置かれます。もし `-cc' オプショ
       ンが指定されると、それ以降の全てのアドレスは "cc:" 行に 置
       かれます。

       `-from addr' オプションで、ドラフトのヘッダーの "From:" 行
       を指定できます。当然、post は正しく "Sender:" ヘッダーを書
       き入れます。

       こ のプログラムは、at (1) などで、自動的に様々なユーザーに
       メールを送るようなプログラムでの使用を意図していま す。 通
       常、実在する人々(自動プログラムなどの反意語として)はメッセ
       ージを送る際には、こんなプロ グ ラ ム よ り  comp (1)   や
       send (1) を使うことを好むでしょうから。


FILES

       /usr/local/bin/inc                  メールドロップをフォルダに取り込むためのプログラム
       /usr/local/lib/mh/post              メッセージを配送するためのプログラム
       /tmp/mhmail*                        メッセージの一時コピー


PROFILE COMPONENTS

       無し。


SEE ALSO

       inc(1), post(8)


DEFAULTS

       無し。


CONTEXT

       も し inc が呼ばれると、inc によってコンテクストファイルが
       変化されます。




ABELNET VPSサービス