mhl(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mhl

前のページ 上に戻る 次のページ

mhl



SYNOPSIS

       /usr/local/lib/mh/mhl     [-bell]    [-nobell]    [-clear]
            [-noclear]     [-folder +folder]     [-form formfile]
            [-length lines]  [-width columns] [-moreproc program]
            [-nomoreproc] [files ...]  [-help]


DESCRIPTION

       mhl はメッセージを整形表示するプログラ ム で す。 こ れ は
       more (1) (デフォルトの showproc ) の置換えとして設計されて
       います。 more 同様、引数(あるいは標準入力)として指定された
       メッセージそれぞれを出力します。もし、複数のメッセージが指
       定された場合、それぞれの出力前にプロンプトが出、  <RETURN>
       または <EOT> で出力を開始します。 <RETURN> の場合は(適切な
       場合は)画面を消去し、 <EOT> (通常は CTRL-D) の場合は画面消
       去 はしません。 <INTERRUPT> (通常は CTRL-C) はそのメッセー
       ジの出力をやめて、次のメッセージ(あるのなら)のプロンプトを
       出 します。 <QUIT> (通常 CTRL-\) はプログラムを終了します(
       コアダンプはしません)。

       `-bell' オプションを付けると、 mhl はそれぞれのページの 最
       後 で ベ ルを鳴らします。一方、`-clear' オプションを付ける
       と、 mhl はそれぞれのページの最後で画面を消去します (ま た
       は、 それぞれのメッセージの後で改ページを出力します)。これ
       らのオプションは両方とも(そしてその逆の意味のものも) プ ロ
       ファ イル・エントリ moreproc が空と定義されていて、 mhl が
       端末に出力している時にだけ効果があります。 moreproc エント
       リ が 空 でなく何か定義されていて、 mhl の出力が端末の場合
       は、 mhl は、moreproc を端末と mhl の間に置き、これらの オ
       プションを無視します。さらに、 `-clear' オプションが指定さ
       れ、mhl の出力が端末の場合、 mhl は画面消去の方法を見つ け
       る た め に、 ユーザーの端末のタイプを決めようと、環境変数
       $TERM$TERMCAP を見ます。もし `-clear' オプションが指定
       され、mhl の出力が端末でない場合 (例えば、パイプやファイル
       の場合)、 mhl はそれぞれのメッセージの後に改ページを送りま
       す。

       デフォルトの moreproc やプロファイル・エントリを置き換える
       ためには `-moreproc program' オプションが使えます。 mhl を
       ハードコピー端末で起動すると、決して moreproc を開始させる
       事はない点に注意して下さい。

       `-length length' と `-width width' オプションはそれぞれ 画
       面の長さと幅を設定します。デフォルトは $TERMCAP が指し示す
       値で、分からなければ、それぞれ 40 と 80 が使われます。

       mhl のデフォルトのフォーマット・ファイルは mhl.format で (
       こ れ は 最 初にユーザーの MH ディレクトリの中を探し、次に
       /usr/local/lib/mh ディレクトリの中を探し ま す)、 こ れ は
       `-form formatfile' オプションで変更可能です。

       最 後に、 `-folder +folder' オプションは MH フォルダ名を設
       定します。これは後述の "messagename:" 行に使われま す。 デ
       トの組合せが機能を追加するために定義されます。出力メッセー
       ジはフォーマット・ファイルで指定された順序で出力されます。

       mhl.format のそれぞれの行は以下の形式のどれかです。

            ;comment
            :cleartext
            variable[,variable...]
            component:[variable,...]

       `;'  で始まる行は注釈で、無視されます。 `:' で始まる行は生
       のテキストで、そのまま出力されます。 `:' だけからなる行 は
       空行が出力されます。 "component:" で始まる行は指定のコンポ
       ーネントの形式を定義します。そして、最後に残った行は全体の
       環境を定義します。

       例えば、次の行は

            width=80,length=40,clearscreen,overflow-
       text="***",overflowoffset=5

       画面の大きさを幅 80、長さ 40に設定し、画面はそれぞれのペー
       ジを表示する前に消去されるべきである事を表し、行があふれた
       場合の字下げは 5 で、その場合は "***" というテキストで示す
       事を示しています。

       以下に挙げるのは現在使える変数とその引数の全てです。もし、
       これらがコンポーネントに続いていた場合は、それはそのコンポ
       ーネントにだけ適応され、そうでない場合は、全体に対して適応
       されます。全ての形式は実際に出力が始まる前に解析されますの
       で、フォーマットの最後に全体に影響する変数を書いた場合でも
       (例えば、bell、clearscreen、width、length)、それは最初から
       メッセージ全体に適応されます。

            変数           型         意味
            width          整数       画面の幅、またはコンポーネントの幅
            length         整数       画面の長さ、またはコンポーネントの長さ
            offset         整数       "component: " に対する字下げ量
            overflowtext   文字列     あふれた行の最初に使われるテキスト
            overflowoffset 整数       あふれた行の字下げ量
            compwidth      整数       コンポーネントの最初の行が出力された後の
                                      テキストに対する字下げ量
            uppercase      フラグ     このコンポーネントのテキストは大文字で出力
            nouppercase    フラグ     大文字にしない
            clearscreen    フラグ/G   それぞれのページの前に画面を消す
            noclearscreen  フラグ/G   画面消去しない
            bell           フラグ/G   それぞれのページの最後でベルを鳴らす
            nobell         フラグ/G   ベルを鳴らさない
            component      文字列/L   このコンポーネントに対する
                                      "component" の代わりに使われる名前
            nocomponent    フラグ     このコンポーネントは "component: " を
                                      出力しない

            decode         フラグ     非ASCII文字のMIME表現をデコードする
            addrfield      フラグ     アドレスを含む行
            datefield      フラグ     日付を含む行

       整数値と文字列値の変数の値を指定するには、それらの名前の後
       ろにイコール記号と値を書けばいいです。整数値の変数は 10 進
       数の値を置き、文字列値の変数はダブルクォートで囲まれた任意
       のテキストを置きます。上記の表で型に "/G" または "/L" が付
       いているものは、その値は(それぞれ)全体に対する指定、または
       そのコンポーネントだけに対する指定が出来るものです。

       以下の

           ignores=component,...

       という形式の行は、出力されない(無視する)コンポーネントのリ
       ストを指定します。

       コ ンポーネント "MessageName" (大文字小文字は区別しない)は
       指定された、または環境で見つかったフォルダ名と、実際のメッ
       セ ー ジ 名( ファ イ ル 名) が出力されます。形式は show に
       `-header' オプションをつけた時に出力されるものと同じです。

       コンポーネント "Extras" は明示的に指定されていないコンポー
       ネントで、無視するコンポーネントのリストにも入っていない全
       てのコンポーネントを出力します。もし、このコンポーネントが
       指定されてない場合は、明示的に指定されてないコンポーネント
       は無視されるので、無視するコンポーネントのリストは必要あり
       ません。

       もし "nocomponent" が指定されてない場合、コンポーネント 名
       はフォーマット・ファイルに書かれている通りに出力されます。

       デフォルトのフォーマットは次の通りです。

            : -- using template mhl.format --
            overflowtext="***",overflowoffset=5
            leftadjust,compwidth=9
            ignores=msgid,message-id,received
            Date:formatfield="%<(nodate{text})%{text}%|%(pretty{text})%>"
            To:decode
            cc:decode
            :
            From:decode
            Subject:decode
            :
            extras:nocomponent,decode
            :
            body:nocomponent,overflowtext=,overflowoffset=0,noleftadjust

       変数 "formatfield" はフォーマット文字 列 を 指 定 し ま す
       (mh-format (5)   を 参 照)。フラグ値 "addrfield" と "date-


FILES

       /usr/local/lib/mh/mhl.format        メッセージのテンプレート
       あるいは <mh-dir>/mhl.format        が標準のテンプレートに代わる
       $HOME/.mh_profile                   ユーザーのプロファイル


PROFILE COMPONENTS

       moreproc:            対話的フロントエンドとして使われるプログラム


SEE ALSO

       show(1), ap(8), dp(8)


DEFAULTS

       `-bell'
       `-noclear'
       `-length 40'
       `-width 80'


CONTEXT

       無し。


BUGS

       `bell' と `clear' の情報をフロントエンドに伝える方法がある
       べきでしょう。

       MH  を BERK オプション付で構築したホストでは、アドレス解釈
       は不可能です。

       "nonewline" オプションは "compress" や "split" と一緒に 使
       うと良くないです。



[mh.6]                        MH.6.8                       MHL(1)

ABELNET VPSサービス