mh(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mh

前のページ 上に戻る 次のページ

mh



SYNOPSIS

       全ての MH コマンド


DESCRIPTION

       MH  は強力なメッセージ・ハンドリング・システムの名称です。
       一つの総合的なプログラムというよりむしろ、 MH は、メッセー
       ジの送信、受信、保存、検索などの単純でかつ単目的のプログラ
       ムから成り立っています。 MH User's Manual や Unix プログラ
       マ ー ズ・マニュアルの MH プログラムのページを参照して下さ
       い。

       標準的な UNIX のメール・ユーザーインターフェイス・プログラ
       ム で あ る mail とは違って、MH は、使う時にはちゃんと起動
       し、シェルに戻りたい時には終了させる、といった閉じられたシ
       ス テムではありません。 (例えば)コンパイルしながら、もしく
       は誰かからのメールに返答する前に、その質問への答を見つける
       必要があるようなファイルを探しながら、またはプログラムを走
       らせながら、メールを読んだり返事を書いたりすることが出来る
       な ど、MH コマンドは他のシェルコマンドに自由に散在すること
       が可能です。

       このマニュアルの残りは、MH の基本を教えるクイックチュー ト
       リアルです。詳しくは、個々のプログラムのマニュアルを参照し
       て下さい。

       MH を使うにはまず、環境 変 数  $PATH   に ディ レ ク ト リ
       /usr/local/bin  を加えて下さい。ホームディレクトリの .pro-
       file.login.cshrc に加えればよいでしょう (どの様 に
       すればよいのか判らない場合は、使用しているシェルのマニュア
       ルをチェックして下さい)。 inc コマンドを実行して下さい。こ
       れまで一度も MH を使ったことがない場合、そうしたいかどうか
       の確認後、必要なデフォルトファイルとディレクトリが作成され
       ます。

       inc  は、システムのメールドロップから MH `+inbox' フォルダ
       に、個々のファイルに分割し、MH フォーマットに変換してメ ー
       ル を 移 動 し ま す。 そ の過程を各メッセージにつき、From
       行、Subject 行、それにメッセージの一行目を画面に適する分だ
       け含んで、一行ずつ表示します。最初のメッセージをカレント・
       メッセージとします。新しいメールを MH ファイルに取り込みた
       い時はいつも、 inc を走らせる必要があります。

       scan  はカレント・フォルダにあるメッセージの一覧を表示しま
       す。

       shownextprev のコマンドは、カレント・フォルダの 特
       定のメッセージを読むのに使用されます。 show は、カレント・
       メッセージ、もしくは show を起動する際に与えた引数で、番号
       で特定されたメッセージを表示します。 nextprev はそれぞ
       れ、カレント・メッセージの番号的に後や前を表示します。どの
       場合も、表示されたメッセージがカレント・メッセージになりま
       す。カレント・メッセージがない場合は、引数をつけて show を
       て、メッセージを作成し、送信することを可能とします。

       全 ての MH コマンドは、引数として `-help' のみを与えて起動
       すると、指定して起動することの出来る引数の一覧を出力 し ま
       す。

       引 数としてメッセージ番号を指定可能なコマンド (scan, show,
       repl, ...) はまた、次の単語のどれか も 指 定 可 能 で す。
       firstprevcurnext、そして last です。これらは (それぞ
       れ) カレント・フォルダ (与えられたと仮定して) の一番最初、
       前、現在、次、一番最後のメッセージを示します。

       メッ セージ番号の範囲を指定できるコマンド (rmmscanshow
       …) はまた、短縮形で指定することも出来ます。

         <num1>-<num2> - <num1> から <num2> までの範囲の 全 て の
            メッセージを示します。範囲は空であってはいけません。

         <num>:+N
         <num>:-N  -  num 番のメッセージから始まって(もしくは、で
            終って) N 個のメッセージ。 num は予め定義されている次
            の シ ンボルでもかまいません。 firstprevcurnextlastfirst:N
         prev:N
         next:N
         last:N - もし存在すれば、一番最初の、前の、次の、最後 の
            N 個のメッセージ

       異なる話題ごとに複数のフォルダを作ったり、サブジェクト、差
       出人、送り先、または内容に応じて自動的にメッセージを並べる
       など、他にもたくさんの可能性があります。それらはこのマニュ
       アルの範囲を越えています。

       以下は全 MH コマンドの一覧です:

     ali (1)        - メールのエイリアスを表示する
     anno (1)       - メッセージに注釈を付ける
     burst (1)      - ダイジェストをメッセージに展開する
     comp (1)       - メッセージを作成する
     dist (1)       - メッセージを追加アドレスに再配布する
     folder (1)     - カレント・フォルダ、カレント・メッセージを設定/表示する
     folders (1)    - 全フォルダを表示する
     forw (1)       - メッセージを転送する
     inc (1)        - 新しいメールを取り込む
     mark (1)       - メッセージに印をつける
     mhl (1)        - MH メッセージを整形する
     mhmail (1)     - メールを送ったり読んだりする
     mhn (1)        - マルチメディア MH
     mhook (1)      - MH の受信メールフック機能
     mhparam (1)    - MH プロファイル・コンポーネントを表示する
     scan (1)       - 一メッセージ毎の一覧を生成
     send (1)       - メッセージを送る
     show (1)       - メッセージを表示する
     slocal (1)     - 特別なローカルメール配送
     sortm (1)      - メッセージをソートする
     vmh (1)        - MH のビジュアルフロント・エンド
     whatnow (1)    - send に対するプロンプト形式のフロント・エンド
     whom (1)       - メッセージが誰に送られるのかを表示する

     mh-alias (5)   - MH エイリアス(別名)ファイル
     mh-format (5)  - MH システムのフォーマット・ファイル
     mh-mail (5)    - MH システムのメッセージ形式
     mh-profile (5) - MH のユーザー・プロファイル
     mh-sequence (5)- MH システムでのシーケンス指定
     mh-tailor (5)  - MH システムのカスタマイズ

     ap (8)         - アドレスを RFC-822 形式で解釈
     conflict (8)   - エイリアス/パスワードの整合性のチェック
     dp (8)         - 日付を RFC-822 形式で解析
     fmtdump (8)    - MH format ファイルのデコード
     install-mh (8) - MH 環境を初期化する
     post (8)       - メッセージを配送する



FILES

       /usr/local/bin                      MH コマンドが置かれるディレクトリ
       /usr/local/lib/mh                   MH ライブラリ


SEE ALSO

       The RAND MH Message Handling System: User's Manual,
       The RAND MH Message Handling System: Tutorial,
       The RAND MH  Message  Handling  System:  The  UCI  BBoards
       Facility,
       MH.5: How to process 200 messages a day and still get some
       real work done


BUGS

       MH プログラムで何か問題に出くわした時は、 MH のローカル 管
       理者に報告すべきです。この際、プログラム名に加え、バージョ
       ン情報も一緒に報告すべきです。
       動かしている MH プログラムのバージョン を 調 べ る に は、
       `-help' オプションをつけて起動すればよいです。コマンドの文
       法の一覧に加え、そのバージョンに関した情報を表示します。こ
       の 情報は、MH のバージョン、作成されたホスト名、日付が含ま
       れます。 2行目には、MH のコンフィグレーション時のオプ ショ
       ンが表示されます。例えば、

            version: MH 6.1 #1[UCI] (glacier) of Wed Nov  6 01:13:53 PST 1985
            options: [BSD42] [MHE] [NETWORK] [SENDMTS] [MMDFII] [SMTP] [POP]

       `6.1  #1[UCI]'  とは、このプログラムは MH の UCI の MH.6.1
       バージョンであることを示します。ホスト `glacier'  で  `Wed


PROFILE COMPONENTS

       Path:                ユーザーの MH ディレクトリを決める



[mh.6]                        MH.6.8                        MH(1)

ABELNET VPSサービス