mesg(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mesg

前のページ 上に戻る 次のページ

mesg




解説

     mesg は、他ユーザからのメッセージの書き込みを許すかどうかを決めるためのユ
     ーティリティです。メッセージは、標準エラー出力と結びついている端末デバイ
     スに出力されます。デフォルトでは書き込みは許可されているので、 talk(1)write(1) などのプログラムを使って端末にメッセージを送ることができます。

     オプションは以下のとおりです。

     n     メッセージを表示しません。

     y     メッセージを表示します。

     引数なしで起動された場合、 mesg は現在のメッセージ表示の許可・不許可につ
     いての設定を、標準エラー出力に出力します。

     mesg は以下のうちのいずれかを戻り値として返します。

            0    メッセージを表示します。
            1    メッセージを表示しません。
           >1    エラーが発生しました。


関連ファイル

     /dev/[pt]ty[pq]?


関連項目

     biff(1), talk(1), write(1)


歴史

     mesg は Version 1 AT&T UNIX から登場しました。

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス