merge(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

merge

前のページ 上に戻る 次のページ

merge



書式

       merge [ options ] file1 file2 file3


解説

       merge  は、 file2 から file3 への全ての変更を file1 に併合
       します。結果は普通 file1 に入ります。 merge は、原盤に対し
       て 別々に施した変更を併合するのに便利です。 file2 を原盤だ
       とし、 file1file3file2 を変更したファイル と し ま
       す。この場合 merge は、両方の変更を併合します。

       file1file3 の両方に共通の行集合の内容が異なっている
       時、衝突が起こります。衝突が見付かった場 合、 通 常  merge
       は、警告および <<<<<<<>>>>>>> とで括った衝突を表す行を
       出力します。典型的な衝突は以下のようなものです。

              <<<<<<< file A
              lines in file A
              =======
              lines in file B
              >>>>>>> file B

       衝突がある場合、ユーザは結果を編集して必要無い方を消去しな
       ければなりません。


オプション

       -A     diff3  によって提供されていれば、 diff3(1)-A 形
              式をつかって衝突を出力します。これは、 file2  か ら
              file3 への全ての変更を file1 に併合し、もっとも冗長
              な出力をします。

       -E, -e これらのオプションは、 -A オプションに比べて少な い
              情 報を生成するような衝突形式を指定します。詳細は、
              diff3(1) を見てください。デフォルトは、 -E  で す。
              -e を指定すると、 merge は衝突を警告しません。

       -L label
              このオプションは、 3 回まで指定可能であり、衝突報告
              中のファイル名の場所のラベルを指定します。 す な わ
              ち、  merge -L x -L y -L z a b c   とすると、実際は
              ファイル a , b , c からの出力ですが、ファイル x , y
              , z からできたような出力が作られます。

       -p     結果を file1 に上書きするのではなく、標準出力に出力
              します。

       -q     沈黙モード。衝突に対して警告を出しません。

       -V     RCS のバージョン番号を出力します。


診断

       衝突が無い場合には、 0 で終了します。 1 で終了した場合はい
       く つかの衝突があり、 2 は何か問題がおこったことをあらわし
       普通できません。しかし、 merge は何がなんでも行おうとし ま
       す。



GNU                         1999/08/27                   MERGE(1)

ABELNET VPSサービス