manpath(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

manpath

前のページ 上に戻る 次のページ

manpath




解説

     manpath はシステム標準およびユーザの PATH からユーザのマニュアルページの
     サーチパスを決め、結果を標準出力へ表示します。また警告およびエラーは標準
     エラー出力へ出力します。ユーザの PATH 中のディレクトリが manpath.config
     ファイルに無いときには、 manpath はそのディレクトリで man または MAN とい
     う名前のサブディレクトリを探し、見付かればそれをサーチパスに追加します。

     manpathman(1) がサーチパスを決めるのにも使用します。したがって、普通
     はユーザが環境変数 MANPATH を直接設定する必要はありません。

     オプションを以下に示します:

     -d          追加のデバッグ情報を表示します。

     -L          (存在すれば) マニュアルロケールリストを表示します。

     -q          「静かに」実行します。最終的なマニュアルページのサーチパスだ
                 けを表示します。


環境変数

     MANPATH     MANPATH を設定すると manpath はその設定を標準出力に表示し、標
                 準エラー出力に警告を出力します。
     MANLOCALES  MANLOCALES が設定され -L オプションが指定されると、 manpath
                 はその設定を標準出力に表示し、標準エラー出力に警告を出力しま
                 す。


関連ファイル

     /etc/manpath.config  システムの設定ファイル


関連項目

     apropos(1), man(1), whatis(1)


バグ

     既知のバグはありません。

FreeBSD 4.4                     August 16, 1999                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス