man(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

man

前のページ 上に戻る 次のページ

man


         [section] name ...


解説

     man はオンラインマニュアルをフォーマットし、表示します。このバージョンで
     は、環境変数 MANPATH と PAGER を参照するので、各ユーザが固有のオンライン
     マニュアルを持つ事や、画面で見る際のページャを選ぶ事が可能です。セクショ
     ンを指定した場合、 man はそのセクションのみを探します。また、コマンドライ
     ンオプションや環境変数によって、検索するセクションの順序や、ソースファイ
     ルを処理するプリプロセッサを指定することもできます。システム管理者の設定
     によっては、ディスクスペースを節約するために、フォーマット済みのオンライ
     ンマニュアルを `/usr/bin/gzip -c' コマンドにより圧縮し格納するようにする
     ことも出来ます。

     オプションを以下に示します:

     -M path     別の manpath を指定します。通常、 manmanpath(1) ( man バ
                 イナリに組み込まれています) を使い、検索するパスを決めます。
                 このオプションは環境変数 MANPATH よりも優先されます。

     -P pager    使用するページャを指定します。通常、 man は、 more -s を使用
                 します。このオプションは環境変数 PAGER よりも優先されます。

     -S list     list はコロンで区切られた検索するマニュアルのセクションのリス
                 トです。このオプションは環境変数 MANSECT よりも優先されます。

     -a          通常、 man は最初にみつかったマニュアルページを表示した後終了
                 しますが、このオプションを使用すると、最初にみつかったマニュ
                 アルページだけでなく、 name にマッチしたマニュアルページを全
                 て表示します。

     -d          マニュアルページは表示せず、デバッグ用の情報を表示します。

     -f          whatis と同じです。

     -h          一行のヘルプメッセージを表示して終了します。

     -k          apropos と同じです。

     -m system   与えられたシステム名をもとに検索する別のマニュアルセットを指
                 定します。

     -o          元の、非ローカライズ版マニュアルページのみを検索します。

                 デフォルトでは、 man は、各 manpath(1) 構成要素毎にローカライ
                 ズ版サブディレクトリを検索します。

                 ロケール名は、3 個の環境変数 LC_ALL, LC_CTYPE, LANG のうち、
                 この順番における最初の空ではないものから得られます。

                 値を決定できない場合か、無効なロケール名である場合、ローカラ
                 イズされていないマニュアルページのみが検索されます。

                 最後に、ローカライズされたマニュアルページが見付からなかった
                 場合、デフォルトの /usr/share/man ディレクトリを検索します。

     -p string   nroff や troff を行う前に実行するプリプロセッサの順序を指定し
                 ます。全てのプリプロセッサがインストールされているとはかぎり
                 ません。プリプロセッサとそれを指定するのに使われる文字は以下
                 の通りです。 eqn (e), grap (g), pic (p), tbl (t), vgrind (v),
                 refer (r).  このオプションは環境変数 MANROFFSEQ よりも優先さ
                 れます。

     -t          マニュアルページをフォーマットするのに /usr/bin/groff -S -man
                 を使い、標準出力に出力します。 /usr/bin/groff -S -man の出力
                 は表示する前に何らかのフィルタを通す必要があるでしょう。

     -w          マニュアルページの表示は行わず、フォーマットや表示を行なうべ
                 きファイルの場所を表示します。


環境変数

     LC_ALL, LC_CTYPE, LANG
                 これらの環境変数は、マニュアルページの好みの言語を指定します
                 (前述の -o オプションを参照してください)。

     MACHINE     マニュアルページによっては、特定のアーキテクチャに特化したも
                 のがあります。 man は、検索対象のすべてのディレクトリ中で、現
                 在のアーキテクチャと同じ名前のサブディレクトリを検索します。
                 マシン固有の検索範囲が、一般的な検索範囲の前に検索されます。
                 現在のマシンタイプは、環境変数 MACHINE を特定のアーキテクチャ
                 名に設定することで変えられます。

     MANPATH     MANPATH がセットされていれば、その値はマニュアルページを検索
                 するパスとして使われます。

     MANROFFSEQ  MANROFFSEQ がセットされていれば、その値は nroff や troff を行
                 う前に実行されるプリプロセッサの順序を示すのに使われます。デ
                 フォルトでは、nroff の前に tbl プリプロセッサが実行されます。

     MANSECT     MANSECT がセットされていれば、その値はどのマニュアルセクショ
                 ンを検索するのかを決定するのに使われます。

     PAGER       PAGER がセットされていれば、その値はマニュアルページを表示す
                 るのに使われるプログラムの名前を指定するのに使われます。セッ
                 トされていなければ、 more -s が使われます。


使用例

     通常、getopt の適切なマニュアルページ情報を検索するには、次のようにしま
     す:

           man getopt

     一方、特定のマニュアルセクション、例えば getopt(3) を検索するには、次のよ
     うにします:


ABELNET VPSサービス