makewhatis(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

makewhatis

前のページ 上に戻る 次のページ

makewhatis


                [-L | -locale] [-n | -name name] [-o | -outfile file]
                [-v | -verbose] [directories ...]


解説

     makewhatis コマンドはフォーマットされていないマニュアルページから名称と短
     い記述を抽出し、 whatis(1) データベースを作成します。 makewhatis コマンド
     は gzip されたマニュアルページを読むことができます。 directory は ( man.+
     という名の) マニュアルページサブディレクトリを持つディレクトリの名前で
     す。コロンは空白として扱われますので、 makewhatis $MANPATHmakewhatis
     `manpath` も許されます。


オプション

     -a, -append
             追加モード。 whatis データベースに既にあるエントリは削除しませ
             ん。注: 新しくできるデータベースはソートされ、同じ項目の行は削除
             されますが、 makewhatis は古いエントリが有効かどうかは判定しませ
             ん。

     -h, -help
             使用可能なオプションを表示し、終了します。

     -i, -indent column
             解説の文字列の長さを column にします (デフォルトは 24 です)。

     -L, -locale
             ロケール環境変数を調査し、ローカライズされたマニュアルサブディレ
             クトリと本エントリのみに使用する処理を調べます。

     -n, -name name
             whatis の代わりに name を使用します。

     -o, -outfile file
             dirname/whatis の代わりに全ての出力を file に書き込みます。

     -v, -verbose
             多くの警告を (標準エラー出力に対して) 出力します。パースした全て
             のマニュアルに対して次の 1 文字を表示します: `.' は圧縮されていな
             いページ、 `*' は圧縮されているページ、 `+' はリンクをそれぞれ表
             します。


使用例

     makewhatis $MANPATH

     ユーザの $MANPATH にある全てのディレクトリに対して whatis データベースを
     作成します。

     makewhatis -outfile /tmp/mywhatis /usr/local/man $HOME/man

     whatis データベース /tmp/mywhatis を作成します。ディレクトリは
     /usr/local/man$HOME/man を見ます。 /usr/local/man/whatis および
     $HOME/man/whatis は作成しません。


歴史

     この makewhatis コマンドは FreeBSD 2.1 から登場しました。


作者

     Wolfram Schneider, Berlin.

FreeBSD 4.4                    January 12, 1995                    FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス