mailq(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

mailq

前のページ 上に戻る 次のページ

mailq



書式

       mailq [-v]


解説

       mailq は、後で配送するためにキューに蓄えたメールを一覧表示
       します。

       各メッセージの 1 行目は、ステータス文字が付くことがあ る、
       ホストがメッセージにつける内部の識別子と、メッセージのバイ
       ト数、キューに入れられた日付と時間、メッセージの送り手を表
       示 します。 2 行目は、このメールがキューに入れられる原因と
       なったエラーを表示します。このメッセージは、キューのなかで
       メールが最初に処理されているときには表示されません。ステー
       タス文字は次のいずれかです: * は、ジョブが処理中であること
       を 示し、 X は、ジョブを処理するには負荷が高すぎることを示
       し、 - は、ジョブが処理するには若すぎることを示します。 そ
       のあとの行には、メールの受け手が 1 行に 1 人ずつ表示されま
       す。 mailq は ``sendmail -bp'' と等価です。

       次のオプションを使用可能です:

       -v     詳細な情報を表示します。通常の表示に加え、メッセ ー
              ジ の優先度と、警告メッセージを送ったか否かを示す 1
              文字の記号 (``+'' か空白) を最初の行に追加しま す。
              さ らに、メールの受け手の ``制御ユーザ (controlling
              user)'' 情報を表示します; これは、このメールに よっ
              て 実行されるプログラムの所有者および、存在するので
              あれば、このコマンドが展開される元のエイリアス名 で
              す。

       mailq は成功した場合は 0 を、エラーが起きた場合は 0 より大
       きな値を返します。


関連項目

       sendmail(8)


歴史

       mailq は 4.0BSD から登場しました。



                   1Date: 2000/12/14 23:08:15 1          MAILQ(1)

ABELNET VPSサービス