lptest(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lptest

前のページ 上に戻る 次のページ

lptest




解説

     lptest は、伝統的な ``リプルテスト'' (ripple test) パターンを標準出力に書
     きます。このパターンは 96 行におよび、表示可能な ASCII 96 文字すべてを各
     位置に出力することになります。もともとはプリンタのテストのために作られた
     ものですが、端末や端末ポートのデバッグ、ランダムなデータがすぐに必要な場
     合などにも大変有効です。

     length 引数は、出力の 1 行の長さがデフォルトの 79 ではふさわしくない場合
     に指定します。

     count 引数は、行数がデフォルトの 200 ではふさわしくない場合に指定します。
     count を指定したい場合は length も指定しなければならない点に注意してくだ
     さい。


歴史

     lptest コマンドは 4.3BSD から登場しました。

FreeBSD 4.4                    December 30, 1993                   FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス