lprm(1) FreeBSD 一般コマンドマニュアル

lprm

前のページ 上に戻る 次のページ

lprm




解説

     lprm は 1 つのジョブ、もしくは複数のジョブをプリンタのスプールキューから
     削除します。スプールディレクトリはユーザから保護されているので、ジョブの
     削除は lprm を利用するのが唯一の手段です。ジョブの所有者は、ユーザのログ
     イン名と lpr(1) を実行した計算機のホスト名で決定されます。

     オプションとしては以下のものがあります:

     -Pprinter
             printer を扱うキューを指定します (指定しない場合はデフォルトのプ
             リンタを使います)。

     -       もし単一の `-' が与えられた場合、 lprm はユーザのすべてのジョブを
             削除します。もしスーパユーザがこのオプションを使った場合、スプー
             ルキューは完全に空になります。

     user    lprm は、 user の所有するすべてのジョブを削除しようと試みます。こ
             の lprm の呼び出し方は、スーパユーザだけに有用です。

     job #   ユーザは、ジョブ番号を指定することで個々のジョブをキューから削除
             することができます。この番号は lpq(1) プログラムから得ることがで
             きます。たとえば、以下のようになります。

                   % lpq -l

                   1st:ken                         [job #013ucbarpa]
                           (standard input)        100 bytes
                   % lprm 13

     もし、どのオプションも与えられなかったときは、 lprm を実行したユーザが持
     つアクティブなジョブを削除します。

     lprm は削除するファイルの名前をアナウンスしますが、もしキュー内に削除する
     ジョブがないときには何もアナウンスしません。

     lprm は、スプールのファイルを削除する前に、もし必要であればアクティブなデ
     ーモンを殺します。デーモンを殺した場合、ファイルを削除したあとで新しいデ
     ーモンを自動的に再スタートさせます。


環境変数

     もし、以下の環境変数が存在したならば、 lprm は利用します。

     PRINTER  もし環境変数 PRINTER が存在し、プリンタを -P オプションで指定し
              なかった場合、デフォルトプリンタは PRINTER の値となります。


関連ファイル

     /etc/printcap       プリンタの特徴を記述するファイル
     /var/spool/*        スプールディレクトリ
     /var/spool/*/lock   現在のデーモンのプロセス ID と、現在アクティブなジョ
                         ブのジョブ番号を得るためのロックファイル

FreeBSD 4.4                      June 6, 1993                      FreeBSD 4.4

ABELNET VPSサービス